« 関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言 | トップページ | 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 »

2014/07/28

(女が生きる 男が生きる)そこにある貧困:上 「育児は女性」母孤立

 一昨日と昨日の朝日の連載。深刻な実態はうきぼりにはなっている。

(女が生きる 男が生きる)そこにある貧困:上 「育児は女性」母孤立(朝日新聞)

 3月、インターネットで見つけたベビーシッターに預けた男の子が、遺体で見つかる事件が起きた。横浜市の山田龍琥(りく)くん(当時2)。母親(22)は取材に「助けてあげられなかった。ごめんねってしか、言えないです」と語った。
 一人で龍琥君と1歳の次男を育ててきた母親にとって、生活は楽ではなかった。親元で暮らしていたが、父は病気を患い、生活保護を受けている。親にこれ以上頼るのも難しい状況だった。
 ネットで見つけたシッターに預けたのは、我が子のために少しでも働きたかったからだ。シッターの男(26)は7月、龍琥くんへの殺人容疑で再逮捕された。
 事件発覚当時、一部のネット利用者がブログなどに書き込んだのは「母親の責任」だった。
 東京都杉並区の田中裕太郎区議は「ベビーシッター事件に思う」と題して、ブログに「大切な子宝を乳飲み子のうちから赤の他人に預けてはばからない風潮は、なぜ当然のようにまかり通っているのでしょうか。こんな風潮は、そろそろ止めにした方が良いと思うのです」と記した。母親の責任を問う書き込みは批判を浴びる一方、支持する書き込みもあった。田中氏に取材を申し入れたが、応じなかった。
 新党大地代表の鈴木宗男元衆院議員も当時「親として無責任な面があったのでは」とブログで問うた。鈴木氏はいまも考えを変えていない。取材に対し「父親であろうが母親であろうが親としての責任はある」とした上で「子どもを人様に無防備で預ける感覚が分からない。女性には、男にはない愛情や優しさがある。子どもを守るのが女性の自然な姿。ベビーシッター事件の女性の取った態度は全く不可解だし納得できない」と答えた。
 週刊誌には母親を中傷する記事も出た。悲嘆に暮れていた母親は二重に傷ついた。
 私たちの社会には「子育ては家庭でやるもので、主に母親の役割」という「隠れた意識」があるのではないか。その意識のなかで、保育環境の整備といった公的な支援策は乏しい状態が続いてきた。東京大の大沢真理教授は「日本は『男性は稼ぎ、女性は家で子育てや家事をする』という考え方が前提になっている。この仕組みが、女性や母子家庭の貧困を深めている」と語る。…

 下は独身女性。
 すごく新しいものはないが、労働政策研究研修機構の燕さんの調査などの成果もふまえられている。
 こうした実態を共有することは、重要。

 だけど、朝日のこの連載は「『女性は家庭』仕向ける社会」ということに、強く押し出しすぎる。それは一つの側面。これだけでは、ずれる。全体の貧困の構造が見えなくなる。そんな感じもした。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言 | トップページ | 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60059870

この記事へのトラックバック一覧です: (女が生きる 男が生きる)そこにある貧困:上 「育児は女性」母孤立:

« 関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言 | トップページ | 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30