« 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 | トップページ | 委員に佐々木元東大学長ら=衆院選改革の第三者機関 »

2014/07/29

鉄柵、鉄板めぐりにらみ合い シュワブ第1ゲート

 ものすごく緊迫している。それが伝わってくる。だけど、本土のメディアでは報道されない。こんなに重大なことなのに。

鉄柵、鉄板めぐりにらみ合い シュワブ第1ゲート(琉球新報)

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、浮標灯の設置に向けた準備が進む中、キャンプ・シュワブの第1ゲート前では29日午後、沖縄防衛局が設置した開閉式の鉄柵や鉄板をめぐり市民側と警官隊とのもみ合いが続いた。
 市民側は鉄柵の撤去を求めたが沖縄防衛局側が応じないため、自主的に鉄柵を解体するなどの抗議行動を行った。
 鉄板は高さ3センチほどの三角形の突起が並んだ形態で設置されたのはゲート前の歩道部分。市民側は「この上で市民と機動隊がもみ合って倒れたら死人出る」などと主張し、撤去を求めた。市民側はベニヤ板を持ち込み、鉄板を覆おうとしたが、ベニヤ板は警官隊に排除された。

 ここ5日間の新報の記事の見出しをひろっても、
浮桟橋引き揚げる 辺野古(2014.7.29)
市民ら、警察官ともみ合う 辺野古 海上は作業の動きなし(2014.7.29)
シュワブ浮桟橋設置 海保、カヌー2人を一時「拘束」(2014.7.29)
最多の120人抗議 キャンプ・シュワブ第1ゲート前(2014.7.28)
辺野古 海上作業行われず(2014.7.28) カメラ
【辺野古緊迫】ゲート前に鉄柵 移設に向け沖縄防衛局が設置(2014.7.28)
【辺野古緊迫】桟橋、沖合50メートルまで延びる(2014.7.28)
シュワブ沿岸部、桟橋設置 海上抗議のカヌー2隻に停船命じる(2014.7.27)
抗議排除へ辺野古に巡視船4隻 あすにもブイ設置(2014.7.27)
辺野古に発電機6台搬入 桟橋設置へ夜間作業か(2014.7.26)
市民と警察官にらみ合い キャンプ・シュワブ第1ゲート(2014.7.25)
「横暴許さない」 シュワブゲート前、市民らスクラム(2014.7.25)
追加搬入で騒然 シュワブゲート前(2014.7.25)
辺野古新基地 28日にもブイ設置(2014.7.25)
桟橋建設など工事続く キャンプ・シュワブ内(2014.7.24)
桟橋 スロープを拡大 辺野古、工事と訓練続く(2014.7.24)
 となる。少しの時間を惜しんで、不意打ちをうたれるものかと、座り込みが続く。すごいなあ。

 ほんとに、重大な局面での緊張が続いているようだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 | トップページ | 委員に佐々木元東大学長ら=衆院選改革の第三者機関 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60065055

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄柵、鉄板めぐりにらみ合い シュワブ第1ゲート:

« 群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事 | トップページ | 委員に佐々木元東大学長ら=衆院選改革の第三者機関 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31