« ヘイトスピーチ処罰を=慰安婦問題、国家責任認めよ-国連対日勧告 | トップページ | 島ぐるみ会議2千人結集「基地支配を拒否」 »

2014/07/26

平和資料館 展示の見直し相次ぐ

 日本には公的な戦争博物館はない。そのなかで、地方や民間の資料館で、戦争の実相を伝え、また特別展示などの工夫もされてきた。そういうとりくみに注目をし、かつて企画化したこともあった。しかし、そういうなかで、少し、心配した事態がすすんでいる。

平和資料館 展示の見直し相次ぐ(NHKニュース)

 戦争や平和をテーマにした全国の資料館で、最近、展示内容の見直しが相次いで進められていることが、NHKが行ったアンケート調査で分かりました。
 その理由について、多くは「内容を分かりやすくするため」としていますが、専門家は「見直し方によっては、戦争の実像が伝わらなくなるおそれもある」と指摘しています。
 戦後70年を来年に控えて、NHKは、戦争や平和をテーマにした全国の公立や私立の主な資料館52か所を対象にアンケート調査を行い、87%に当たる45か所から回答を得ました。
 それによりますと、この5年以内に、資料や写真の入れ替えや、説明文の変更など、展示の見直しを行っている施設は20か所と、全体の44%に上りました。
 その理由としては、「内容を分かりやすくするため」が最も多く12か所、「今の時代に合わせるため」が4か所、「データや情報を新しくするため」が2か所などとなっています。
 中には、展示している年表のうち、太平洋戦争中の項目を大幅に減らしたところや、空襲の記録など日本国内の被害の展示を増やす一方で、国外での旧日本軍の戦闘などに関する展示を減らした資料館もあります。
 …

 具体的な内容を一覧にして示してほしいと思うけど、やはり傾向としては、加害の実相を伝えることをやめ、被害についても、軍や国家の責任にかかわるような表現を弱めるということなのかもしれないなあ。そのあたりを、きちんと確認したいものなのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ヘイトスピーチ処罰を=慰安婦問題、国家責任認めよ-国連対日勧告 | トップページ | 島ぐるみ会議2千人結集「基地支配を拒否」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60045838

この記事へのトラックバック一覧です: 平和資料館 展示の見直し相次ぐ:

« ヘイトスピーチ処罰を=慰安婦問題、国家責任認めよ-国連対日勧告 | トップページ | 島ぐるみ会議2千人結集「基地支配を拒否」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31