« 小保方氏所属の研究センターは「解体を」 理研改革委、抜本改編求め提言へ | トップページ | 特攻隊員遺書「日本の視点のみ」 記憶遺産候補ならず »

2014/06/13

集団的自衛権 72年見解転換 行使3要件 自民提示(加筆)

 これは、だれが知恵をつけたのか? あまりにも筋悪で、どんどん混迷していくことになる。

集団的自衛権 72年見解転換 行使3要件 自民提示(東京新聞)

 安全保障法制の見直しをめぐり、自民、公明両党は十三日午前、国会内で六回目の協議を開いた。座長の高村正彦自民党副総裁は「他国に対する武力攻撃が発生し、(日本の)国民の生命、自由などが根底から覆されるおそれがある」場合には、集団的自衛権行使が認められるとする憲法解釈変更の私案を示した。集団的自衛権行使は認められないとした一九七二年の政府見解から大きく転換しており、公明党は難色を示した。
 「たたき台」と題した高村氏の私案は三要件で構成。自衛権行使が認められるのは「国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される急迫、不正の事態」と定義した七二年の政府見解を独自に解釈した。
 政府はこれまで自衛権の発動を、日本に対する急迫、不正の侵害があった場合の個別的自衛権に限定していた。高村私案は、他国に対する武力攻撃が発生した場合でも「わが国の存立が脅かされるおそれがある」とし、それを排除するための集団的自衛権は行使可能とした。公明党は、高村氏の私案と過去の政府見解に論理的な整合性があるかどうか慎重に検討する。
 会合で、高村氏は私案を「閣議決定案の核心部分に当たる」と説明。一方、副座長の北側一雄公明党副代表は「十分でない点がある」と指摘した。
 北側氏は、党内で集団的自衛権の限定容認論が浮上していることを踏まえ「憲法解釈の見直しが一切だめだとは言わない。(だが)限界はあり、それを超える場合は憲法改正手続きをとるのが法治国家として当然だ」とも述べた。
 高村氏は、行使容認の閣議決定案を十七日の次回協議で示すよう政府側に要求。北側氏は「もう少し時間がかかる」と反発し、両党間で引き続き調整することにした。安倍晋三首相は十三日昼、官邸で高村氏、自民党の石破茂幹事長と会談。高村氏の私案について「その線でやってもらいたい」と説明。閣議決定時期に関しては「今国会の会期内にできるよう全力を尽くしてほしい」と求めた。

 これまで自衛権の三要件とされていたもののなかの「急迫不正の侵害があること」について、、「他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追及の権利が根底から覆されるおそれがあること」というものを付け加えるというのだ。
 おそれがあるなどお得意のあいまいな言葉で、無限定化をはかる。その危険は限りない。
 と同時に、他国への武力攻撃ということと、「我が国の…」ということのなかには、大きな飛躍がある。自国の急迫不正の侵害ということについても、かなり高いハードルを解釈上はもうけているわけだから、他国での武力攻撃が、日本の存立が脅かされる事態にむすびつけるのには相当な無理がある。これまでの解釈との整合性をはかろうとするととなんに何を言っているのかわからなくなる。
 ここから、おそらく具体的な事態について、迷走が始まる。大いに、追及するべき局面か。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 小保方氏所属の研究センターは「解体を」 理研改革委、抜本改編求め提言へ | トップページ | 特攻隊員遺書「日本の視点のみ」 記憶遺産候補ならず »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

「他国に対する武力攻撃が発生し、(日本の)国民の生命、自由などが根底から覆されるおそれがある」

ということを言い換えるならば、「他国に対する武力攻撃が発生しなければ、日本の国民の生命、自由などが
根底から覆されるおそれはない」と言うのと同じことですよね。

逆に言い換えれば、「他国に対する武力攻撃が発生したとしても、日本国民の生命、自由などが根底から
覆されるおそれがあるとは限らない」というのも論理も大いに成り立つわけだし、これを「逆転の罠」として
利用するならば、「他国に対する武力攻撃を発生するような自体だけを回避することにすれば、集団的自衛権
の行使をする必要なんか何処にもないし、逆に、他国に対する武力攻撃が発生するような場合には、変なとばっちり
なんか受けるようなことが無いようにするために、アメリカに対しては、日本の在日米軍基地だけは利用なさらない
様に、ご留意のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで構わないだけのことでは無いでしょうか。

結局のところは、「他国に対する武力攻撃が発生し、日本国民の生命、自由が根底から覆されるおそれがある」
という解釈そのものが、アメリカの言いなりになってでも、集団的自衛権を行使を認めてもらいたいがための姑息な
言い訳に過ぎないとしか言いようがないし、これが戦前の日本に置き換えれば、それこそ天皇陛下も知らないところで
「お国のため、天皇陛下のため」等と称しては、近隣諸国を騙し、日本国民を騙し、天皇陛下を騙して、自らの権力欲を
誇示したいがために、天皇制を悪用して、絶大な被害を齎し、多くの尊い人命を奪いながらも、これに異を唱える事自体
を反日だと勝手に勘違いをして、自らの都合のことしか考えない愚か者による悪知恵に他ならないという真実を見破れば、アメリカのオバマ大統領からすれば、まんまと騙されたふりをすれば、、こうした愚か者に対しては、中国にまんまと騙されたふりをさせて、安倍自民党の尻尾を捕まえることくらいのことは簡単に出来ることだし、どうせならば、北朝鮮に対して、まんまと騙されたふりをして、金王朝の尻尾を捕まえた上で、安倍自民党の尻尾を捕ませてから、共に生け捕りにして、これを、今度は韓国に引渡し、安倍自民党に対して、従軍慰安婦問題の真実を裏付ける動かぬ証拠を見せつけ、これを元に、戦前の日本が仕出かした悪事の罪を認めさせてから、アメリカのオバマ大統領に、金王朝と共に、引渡し、今度はアメリカのオバマ大統領から、核武装をしてでも原発にしがみつこうとしている原発推進勢力の悪巧みを全て曝け出し、戦前の日本が仕出かした悪事と共に、国連の旧敵国条項に基づき、幾らでも厳しく断罪し、靖国神社については、もう幾らでも冒涜させたところで構わないのだし、こうした右翼連中なんか、生きていけなくなったところで、こうれも全ては、こうした連中が自ら選択した運命に他ならないのだし、自明のことでしかないのだから、もうどうなろうと関係ないし、安倍自民党が自ら掘った墓穴の中に、原発推進勢力をはじめとする1%の金と権力の亡者と共に、とっとと突き落としてしまうことで、幾らでも無念の怒りをぶつけ合い、物凄い苦しみを分かち合い、物凄い恨みを分かち合い、物凄い憎しみを分かち合い、物凄い痛みを分かち合い、物凄い深い悲しみを分かち合いながら、幾らでも涙を流しながら、とっとと勝手にくたばって逝かれるのを、見届けてあげることで、誇りを持って、戦前の日本と共に、そっと静かに歴史の闇の中に葬り捨ててしまうことで、これを乗り越えて、誇りを持って、名誉ある孤立化をして、乗り越え、誇りを持って、ひっそりと没落させてしまうことで、この見返りとして、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜り、これを天皇陛下に授けて頂くことで、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして行くという尊い志というものを、個人主義のベースとして、乗り越え、これを日本社会全体にインテグレートさせて行くことで、幾らでもひっそりと静まり返った社会となって安定化させ、根本的な構造的欠陥というものを克服して行くことで、この日本社会の象徴として君臨するのが天皇制であるということで、成熟した大人の国として、生まれ変わって行くことで、日本の運命を大きく変えて行く様にして行けば、これだけで十分なことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59810789

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権 72年見解転換 行使3要件 自民提示(加筆):

« 小保方氏所属の研究センターは「解体を」 理研改革委、抜本改編求め提言へ | トップページ | 特攻隊員遺書「日本の視点のみ」 記憶遺産候補ならず »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30