« 安倍改憲と自治体 人権保障・民主主義縮減への対抗 | トップページ | 高村座長試案全文=集団的自衛権 »

2014/06/23

壊憲に向かう安倍政権の暴走と矛盾

26241813_1 ここのところすっかり定着した「壊憲」という語は、『前衛』で著者が使ったのがその最初。定着するほどの憲法壊しの暴走政治が安倍首相のもとでおこなわれている。九条壊しを中心にその実態を本書は明らかにしている。
 内閣法制局長官の任命からはじまり、安保法制懇の異様な活用、日本版NSCづくりから国家安全保障戦略、新防衛大綱等の制定、秘密保護法など軍事体制も質的な転換がすすみ、武器輸出三原則の変更でついに「死の商人」の国にいたる。そして、「限定的」という形の集団的自衛権行使容認を決める。
 しかしこの暴走政治は、しかし、大きな矛盾を抱えている。その結果、国民世論の拒否に必ず直面すると喝破している。重大な局面に待たれていた一冊である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 安倍改憲と自治体 人権保障・民主主義縮減への対抗 | トップページ | 高村座長試案全文=集団的自衛権 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59866698

この記事へのトラックバック一覧です: 壊憲に向かう安倍政権の暴走と矛盾:

« 安倍改憲と自治体 人権保障・民主主義縮減への対抗 | トップページ | 高村座長試案全文=集団的自衛権 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31