« 法制局、閣議決定原案を了承 集団的自衛権容認へ転換 | トップページ | 外国人技能実習制度:拡充方針も「使い捨ての是正を」の声 »

2014/06/11

問題生徒を隔離指導 橋下大阪市長が了承方針

 うーん。

問題生徒を隔離指導 橋下大阪市長が了承方針(東京新聞)

 大阪市の橋下徹市長は十日、教育行政に関する会議で、悪質な問題行動を繰り返す公立小中学校の児童・生徒を隔離し、特別指導する場を外部に設ける市教育委員会の方針を了承する考えを示した。来春から始まる見通しで、モデル校で先行実施することも検討している。問題がある子どもの一方的排除につながるとの批判が出る可能性もある。
 橋下市長は会議で「問題のある生徒のせいで真面目な生徒がばかを見ることは絶対にあってはならない」と強調。会議終了後、「学校以外の指導現場が必要だ。市教委の制度設計を待って予算化する」と表明した。
 市教委は、さまざまな専門性を持った常勤・非常勤のスタッフを配置する専用施設「個別指導教室」(仮称)の設置を提案。在籍する学校と連携して問題行動の克服を図るとともに「大多数の児童・生徒の安全、安心と教育を受ける権利を保障する」としている。
 市教委はこれまで、いじめや校内暴力などの問題行動を五段階に分類。凶器の所持や極めて重い暴力など最も悪質なレベル5と、これに次ぐ4の児童・生徒のうち出席停止が必要となるケースが対象。出席停止中は原則、保護者が指導することを基本とするものの、家庭での指導に問題がある場合、「指導教室」を活用する。具体的には児童・生徒ごとに個別指導計画を作成、在籍する学校と連携しながら、個別指導することで、問題行動の克服を図る。学校教育法は、問題行動を繰り返し周囲の教育を妨げた場合、出席停止を認めている。市教委によると、出席停止後の児童・生徒のフォローが国レベルで整備されておらず、独自の取り組みを検討していた。…

 一般論として、暴力行為など課題をかかえた子どもについて、個別の指導というのはありうる。犯罪的な行為をしたときと修復的司法の対応だとか、そこまででなくても、困難な状況にある子どもへの福祉的な対応も含んだ、総合的な対応であるとか。
 だけどなあ。橋下さんの発言は、大枠としてゼロトレランスという枠組みがある。そのなかでの隔離指導は、やはり排除という結果をもたらす。学校や児童相談所、少年院などさまざまに現場で積み重ねられてきたもののうえに、しっかり検討すべき問題であるのに。しかも大阪のゼロトレは明らかに子どもの荒れをつくりだしているというのが現状なのだけれども。もっと、しっかり英知を集める取り組みこそ必要なのに。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 法制局、閣議決定原案を了承 集団的自衛権容認へ転換 | トップページ | 外国人技能実習制度:拡充方針も「使い捨ての是正を」の声 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59800446

この記事へのトラックバック一覧です: 問題生徒を隔離指導 橋下大阪市長が了承方針:

« 法制局、閣議決定原案を了承 集団的自衛権容認へ転換 | トップページ | 外国人技能実習制度:拡充方針も「使い捨ての是正を」の声 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31