« 「風船爆弾」記憶次世代に 愛媛大で平和学 | トップページ | アングル:浜田・河合教授らが日中韓関係改善を提言、首相官邸は受け取らず »

2014/06/20

河野談話、韓国と文言調整=「元慰安婦」の裏付け調査せず―政府が検証報告書

 なるほどなあ、こういう仕掛けか。談話の解釈を変えるような仕掛けをつくってくるとは思っていたが。

河野談話、韓国と文言調整=「元慰安婦」の裏付け調査せず―政府が検証報告書(時事通信)

 政府は20日午後、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書を公表した。報告書は(1)談話作成時に韓国側と文言調整していた(2)元慰安婦とされた女性への聞き取り調査では、事後の裏付け調査を行わなかった―ことを明記。日韓両政府が文言調整の事実を対外的に非公表とすることで一致していたことも明らかにした。
 安倍政権としては、談話作成の過程で韓国側の意見を一定程度反映させたことを強調するとともに、河野談話を継承する姿勢を示すことで、慰安婦問題に区切りを付けたい考え。ただ、韓国側は検証自体が談話の見直しにつながる動きだとして反発しており、日韓関係がさらに冷え込む可能性がある。

 事実そのものについて物言いをするのは、国際的にも許されるものではないということを自覚しているのだろうなあ。だから、作成過程が、きわめて政治的なものだったと描いて、実質、そこで言われていることの真実性に、疑問符をもたせるような効果をねらっているのだろうかなあ。だけど、それでも河野談話は妥当だったといわざるを得ないところに、修正派の破綻がはっきり出ているわけで。

 これがその報告書。慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯 ~河野談話作成からアジア女性基金まで~

 一方的で、姑息なこういう動きに、批判が高まるだろうなあ。そもそも、河野談話そのものについて、誠実な履行をしているとは言えないし、謝罪と補償に向き合っていない。その後明らかになった事態にも、ちゃんとむきあっていない。そういうことをまったく無視している。もともと、世界が、どのような視線で問題を見ているのか自覚がないんだものなあ。どんどん追い込んでいく必要があるだろうなあ。

 まあ、詳しくは専門家のコメントをまとう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「風船爆弾」記憶次世代に 愛媛大で平和学 | トップページ | アングル:浜田・河合教授らが日中韓関係改善を提言、首相官邸は受け取らず »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59847827

この記事へのトラックバック一覧です: 河野談話、韓国と文言調整=「元慰安婦」の裏付け調査せず―政府が検証報告書:

« 「風船爆弾」記憶次世代に 愛媛大で平和学 | トップページ | アングル:浜田・河合教授らが日中韓関係改善を提言、首相官邸は受け取らず »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31