« 若者支援・ユースワークの仕事をつくる | トップページ | 福祉国家構想研究会 公開研究会 »

2014/06/22

真夏の方程式

Sub02_large テレビでやっていたので、見た。まだ見ていなかったので。前作の「容疑者Xの献身」は、すごくおもしろかったし、また、現代社会に生きる人の心象をとらえているような感じだったけど。さすがに東野圭吾なんだけど。
 だけど、そもそも、この作品は、謎解きというものを重視をしたものよりも、登場人物の人間関係を紐解くというもの。全体として、抑え気味の演技のなかで、そういう人間関係の背景にある葛藤というものが、伝わってこず、ちょっと入り込めない感じがした。もっとも、DVDとは違い、TV放映のぶつぎれのものを見たので、いっそうそう感じたのか。
 それに、前作と違い、今回は福山自身が前面に出る作品。前作は、堤真一と松雪の映画と言っていいぐらいだったけど、今回は福山自身が語り、前に出るだけに、湯川のいやらしさが逆に鼻につく。吉高のハチャメチャさが生かされていないし、2人のすれ違いがあるわけでもなく。
 という感じかなあ。海は美しかったなあ。伊豆かなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 若者支援・ユースワークの仕事をつくる | トップページ | 福祉国家構想研究会 公開研究会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59854777

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の方程式:

« 若者支援・ユースワークの仕事をつくる | トップページ | 福祉国家構想研究会 公開研究会 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30