« 毎日世論調査:集団的自衛権「反対」58% | トップページ | 集団的自衛権 首相官邸前で抗議活動 »

2014/06/29

地方190議会批判 集団的自衛権 広がる「反対」「慎重に」

 ボクの住んでいる自治体の議会では否決されちゃったけど、だけど急速に広がっているなあ。

10371395_543377872435066_3904281147地方190議会批判 集団的自衛権 広がる「反対」「慎重に」(東京新聞)

 安倍政権が目指す集団的自衛権行使容認の閣議決定に対し、地方議会で反対、慎重な対応を求める意見書を可決する動きが急速に広がっている。本紙の調べで、今月だけで少なくとも百二十超の議会に上り、これまでに可決済みは百九十(二十八日時点)となった。自民党会派の賛同も目立つ。閣議決定を急ぐ政府と、それを懸念する地方の溝はさらに広がった。 (関口克己)
 本紙の三月末時点での集計では、同様の意見書は約六十あった。だが、安倍晋三首相が五月十五日、行使容認を検討する意向を記者会見で表明すると、それに抗議する形で議決の動きが勢いを増した。
 都道府県レベルでは長野、岐阜両県議会がいずれも六月に慎重審議を求める意見書を可決。市町村議会では三十二都道府県の百八十八に増えた。最多は長野県で、県議会のほか四十五市町村となった。自民党県連が県内市町村に意見書提出要請をした岐阜県は、九市町村となっている。
 逆に、全国千七百八十八の自治体で政府方針を支持する意見書は一つもない。
 東日本大震災で被災した福島県南相馬市議会は十九日、自民系会派を含め全会一致で容認反対を議決。「震災と原子力災害で助けられた自衛隊員が海外に出て武力を行使することは容認できない」と訴えた。
 二十五日には、自民党の石破茂幹事長のお膝元となる鳥取県境港市議会も、行使容認反対の意見書を可決した。自民党の高村正彦副総裁は二十七日、相次ぐ意見書可決に「地方議会も日本人であれば、慎重に勉強してほしい」と反論したが、与党は協議開始から一カ月余りで結論を出そうとしている。

 ちなみに、集団的自衛権などに関する想定問答(全文)を資料としてリンクしておく。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 毎日世論調査:集団的自衛権「反対」58% | トップページ | 集団的自衛権 首相官邸前で抗議活動 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59899770

この記事へのトラックバック一覧です: 地方190議会批判 集団的自衛権 広がる「反対」「慎重に」:

« 毎日世論調査:集団的自衛権「反対」58% | トップページ | 集団的自衛権 首相官邸前で抗議活動 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31