« 突然、路上に置き去りにされる子供… SOS知らない母親 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる政党状況 »

2014/05/14

安保法制懇の報告書要旨

 雑誌の仕事はいろいろあります。
 インタビューをして原稿をつくるだとか、発注して、もらった原稿をいろいろ相談しながらしあげていくというのがいちばん大きな仕事だけど、単純な実務もあります。そのほか、しあがった原稿を工場に入れる作業、そして、できあがったゲラを校正する作業だとか。いちばん、しんどいのが企画を考える段階です。いろいろそのために調べものをし、講演会やシンポジウム、学会などにも話を聞きに行き、いろんな人とああでもないこうでもないと討論するのですが。ほんでもって、今日は、やはり安保法制懇の報告です。朝日新聞が、要旨を掲載しました。入手したんだったらなんで全文を掲載しないんだって思いますけどねえ。

安保法制懇の報告書要旨

 内容はと言えば、うん、何と言えばいいのか。最初から、いまの国際情勢の変化に対応するには、憲法解釈を変えて対応できないという主張だけが強調されます。この憲法が、どういう原理で、暴力や戦争というものに(武力の行使と威嚇に)対応しようとしたのかなどの内容は一切無視するのです。まさに、憲法の精神を最初から骨抜きにすることだけがねらわれているというしかないなあ。
 具体的な議論は、もう結論が先にあって、想定事例もまさに机上の空論ですねえ。

 というわけで、それはそれでいろいろ読んだり、調べたり。

 雑誌というのは、目先の雑誌だけではなく、数カ月先まで並行して仕事をします。だいたい同時に40から50ぐらいの企画をかかえて仕事をすることになるのですけどね。自分でもすごいなあって、思いますけど。
 安防懇そのものを読み解きながら付随する、国際政治の問題だとか、日本の外交の問題だとか、ちょっと資料をそろあたり。そのなかで、ひたすら降臨をまっているとつぶやいたら、チャチャも入った(笑い)。でも、企画って降りてくるんで死よねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 突然、路上に置き去りにされる子供… SOS知らない母親 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる政党状況 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59644176

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制懇の報告書要旨:

« 突然、路上に置き去りにされる子供… SOS知らない母親 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる政党状況 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30