« 生活保護申請、萎縮の恐れ 不正受給通報、12市に専用電話 | トップページ | 「学力」より「優しさ」が大事…保護者意識調査 »

2014/05/09

ニューヨーク・タイムズ 憲法解釈の変更を批判

 こんどは改憲について、ニューヨークタイムズが批判だな。

ニューヨーク・タイムズ 憲法解釈の変更を批判(NHKニュース)  安倍総理大臣が意欲を示している集団的自衛権の行使容認のための憲法解釈の変更を巡って、アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズは8日、電子版に社説を掲載しました。  社説では、安倍総理大臣は憲法の改正が難しいため、「解釈の変更によって憲法9条を無効にしようとしている」と指摘し、「そのような行為は、民主的な手続きを損なう」と批判しています。 そのうえで、「憲法は政府の気まぐれで変えられるものではない。まさに日本の民主主義が試されている」と指摘しています。

 で、これがその社説の電子版。
 直訳すれば、日本の平和憲法。
 集団的自衛権、つまり海外での武力行使を可能にする解釈を推進していること、積極的平和主義によって安保の責任を担うことを指摘。大きなハードルに憲法9条があると。その憲法を変えるのがハードルが高いから、憲法を解釈し直すことによって9条が無効にしようとしていると指摘し、このような行為は、完全に民主的なプロセスを弱体化させるとも。
 社説の内容そのものは、ちょっと公明党を美化?しすぎのきらいもある感じだけどね。他の8野党は混乱しているというのもいただけない。うちは一貫して国民とともにたたかっていますしね。しかし、安倍氏は強い力をもっていて、日本は民主主義は試されているというのは、ある意味その通りでもあるんだけどね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 生活保護申請、萎縮の恐れ 不正受給通報、12市に専用電話 | トップページ | 「学力」より「優しさ」が大事…保護者意識調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59613276

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・タイムズ 憲法解釈の変更を批判:

« 生活保護申請、萎縮の恐れ 不正受給通報、12市に専用電話 | トップページ | 「学力」より「優しさ」が大事…保護者意識調査 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31