« すき家「鍋の乱」で大量閉店の真相 バイトが明かす衝撃の勤務実態 | トップページ | 受診遅れで死亡:無保険で医療費払い困難…13年は56人 »

2014/05/19

忘れない、汐凪ちゃん 大熊町 最後の津波不明者

 うちの雑誌のグラビアでも、今月とりあげました。ぜひ、みてほしい。

忘れない、汐凪ちゃん 大熊町 最後の津波不明者(東京新聞)

 東京電力福島第一原発がある福島県大熊町で津波に流され、町で最後の行方不明者になっている木村汐凪(ゆうな)ちゃん=当時(7つ)=の写真展が、東京・新宿の喫茶店「ベルク」で開かれている。町は帰還困難区域になり、除染廃棄物の中間貯蔵施設が建設されようとしている。父紀夫さん(48)は「汐凪のこと、そして福島の現状を知ってほしい」と呼び掛ける。三十一日まで。
 自衛隊が見つけた汐凪ちゃんの写真、がれきをかき分けて娘を捜す紀夫さんの姿-。店内の壁に掛けられた写真は十九枚。「都会の一角に私たちの写真が並んでいるのは、不思議な感じがする」。家族の月命日の十一日、長野県白馬村の避難先からベルクを訪れた紀夫さんは、一枚一枚眺めながらつぶやいた。
 JR新宿駅の駅ビルにある同店は客の出入りが激しいが、コーヒーを口に運ぶ手を止め写真に見入る人も多い。副店長で写真家の迫川(さこかわ)尚子さん(52)は「飲食中に見るにはつらい写真かもしれないが、忘れてはいけない問題だから」と話す。
 一家は原発から約三キロ南の海岸近くに住んでいた。東日本大震災の津波は紀夫さんの父と妻、次女の汐凪ちゃんの三人を奪った。原発事故で避難を強いられ、遺体の捜索もままならないが、紀夫さんは毎月の一時帰宅のたびに防護服姿で娘を捜し続ける。
 紀夫さんのことを知った都内の写真家尾崎孝史さん(48)が昨年、捜索活動などに密着したルポ「汐凪を捜して」(かもがわ出版)を出版。内容に共感したベルク側が尾崎さんに写真展を持ち掛けた。
 四月下旬、国は中間貯蔵施設建設のため、大熊、双葉両町の住民から土地を買い取る計画を示した。買い取りに応じれば自由に立ち入れず、捜索も難しくなるだろう。「死んだ三人とつながれる場所を手放すなんて考えられない。その気持ちを国は考えられないのか」と紀夫さんは憤る。
 近く開かれる住民説明会で思いをぶつけるつもりだが、東京の人々には福島の現実が伝わっていないのではと、もどかしく思うこともある。写真を見てそうした思いも感じてもらえればと願う。…

 ほんとうにつらい写真。だけど、目を背けてはいけない。
 ベルクはJR新宿駅東口改札を出て左側すぐ、地下通路の左手。営業は午前七時~午後十一時。ボクも、仕事の山場が終わったら、期間中に必ず行くつもりです。ベルクは、アルコールもあり、おつまみのソーセージも有名なので、だれかいっしょに飲みに行きますか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« すき家「鍋の乱」で大量閉店の真相 バイトが明かす衝撃の勤務実態 | トップページ | 受診遅れで死亡:無保険で医療費払い困難…13年は56人 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59672438

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れない、汐凪ちゃん 大熊町 最後の津波不明者:

« すき家「鍋の乱」で大量閉店の真相 バイトが明かす衝撃の勤務実態 | トップページ | 受診遅れで死亡:無保険で医療費払い困難…13年は56人 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30