« 国の補助率縮小見直しを 生活保護世帯の学習支援 | トップページ | 反極右 仏全土デモ 高校生がよびかけ 「歴史逆行させない」 »

2014/05/31

無人偵察機グローバルホーク、米軍が公開 三沢基地

 やっぱり不気味だなあ。

無人偵察機グローバルホーク、米軍が公開 三沢基地(朝日新聞)

 米軍三沢基地(青森県三沢市)に配備された米空軍の無人偵察機「グローバルホーク(GH)」2機が30日、地元自治体関係者や報道陣に公開された。グアムの基地に配備されていたが、5~10月は台風が多いため、この時期は三沢基地を拠点とする。
 離着陸の際は三沢基地に持ち込んだ地上設備で操縦し、一定高度以上に達すると米カリフォルニアの空軍基地から遠隔操作する。在日米軍司令官のサルバトーレ・アンジェレラ中将は「GHは昨年、米軍の安全賞を獲得したぐらいなので安心してもらえると思う。民間航空機に影響を与えることはない」と安全を強調。三沢基地周辺に東通村の東通原発や六ケ所村の核燃料サイクル施設などの原子力施設が多いことについては、「日米で協議し、重要施設があるのを考慮した上で航路設定をしている」と説明した。
 日本と北朝鮮が合意した拉致被害者らの再調査の検証にGHは役立つのか、と問われた司令官は「将来の運用についてはコメントできない」としつつも、ナイジェリアで多数の女子学生が誘拐された事件の捜索で使われた例を引き合いに出し、「能力はわかるのではないか」と応じた。GHは来月上旬から三沢基地での運用を開始する。

 偵察機は、偵察だから高高度から偵察をする。ほぼ大気圏の内外すれすれの高度になるとかなり過酷なものとなうる。U2の乗組員は、宇宙服みたいなものを着ていたのはあまりにも有名。そして、その過酷ゆえに、無人化がすすむ。
 当然、リバランスとの関係で、アジア重視の象徴のように、日本に配備となるわけで、そして日米一体化のもとで、日本への導入も検討される。
 日本と米国のあいだでは、歴史認識問題だけではなく、中国対応も含めて、隙間風が吹いているといわれるが、その一方で、アメリカのリバランスの帰結での、日本への負担の増大というのもみのがせないわけで、そういうことも読めるような、GHの配備でもあるのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 国の補助率縮小見直しを 生活保護世帯の学習支援 | トップページ | 反極右 仏全土デモ 高校生がよびかけ 「歴史逆行させない」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59736291

この記事へのトラックバック一覧です: 無人偵察機グローバルホーク、米軍が公開 三沢基地:

« 国の補助率縮小見直しを 生活保護世帯の学習支援 | トップページ | 反極右 仏全土デモ 高校生がよびかけ 「歴史逆行させない」 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31