« 対外純資産、初の300兆円超 海外企業の買収増などで | トップページ | 「排外発言」とは正反対だった「舞の海氏の講演」 »

2014/05/28

維新 石原氏「橋下氏と分党で一致」

 まあ、もともと烏合の衆だったわけで、勝手にしろっていうのが正直な感想だけどね。

維新 石原氏「橋下氏と分党で一致」(NHKニュース)

 日本維新の会の石原、橋下両共同代表は28日、名古屋市で会談し、会談後、石原氏はNHKの取材に対し、「結いの党との合流は認められないとして、党を二つに分ける分党をするよう求め、橋下氏もこれを受け入れ、日本維新の会を分党することで一致した」と述べました。
 石原氏は29日、記者会見してみずからの考えを明らかにすることにしています。
 日本維新の会は、結いの党との合流に向けた基本政策を巡り、石原共同代表の主張に沿って、「憲法改正手続きを踏まえた自主憲法制定による統治機構改革」などとする文言を盛り込みたいとしていましたが、結いの党は「『自主憲法制定』は今の憲法を破棄する意味に取られかねない」などとして、受け入れられないという考えを重ねて示しています。
 こうしたなか、石原、橋下共同代表は、28日午後4時から名古屋市のホテルで、先週に続いておよそ20分間会談し、今後の対応を協議しました。
 会談終了後、石原氏は記者団に対し、「私の言うことを了承していただいた」と述べました。
 石原氏は、このあとNHKの取材に対し、「自主憲法の制定は、みずからの政治信条だ。自説は曲げたくない」としたうえで、「結いの党とは憲法観が大きく異なっており、合流は認められないので、党を二つに分ける分党をするよう求めた。橋下氏も、これを受け入れ日本維新の会を分党することで一致した。残念だが、しかたがない」と述べました。
石原氏は29日記者会見し、みずからの考えを明らかにすることにしています。
 これについて、維新の会の松井幹事長は大阪府庁で記者団に対し、「まだ、橋下氏からの留守番電話しか聞いていないが、石原氏からはきれいに分党しようという提案があったということだ。そんなに長い話し合いではなく、石原氏も、さばさばして『もういいよ、俺は俺でやるから』ということだったのではないか。これ以上、結いの党との合流に向けた基本政策の表現のしかたに気を遣うのは耐えられなかったのだろう。石原氏から分党したいという提案があれば無理やり、羽交い締めはできない。今後のことは、橋下氏や松野国会議員団幹事長と相談して決めていきたい」と述べました。
 一方、石原氏は28日夜、東京・港区のホテルで平沼・国会議員団代表、藤井・国会議員団総務会長、園田・国会議員団幹事長代理と会談しました。
 藤井・国会議員団総務会長は、会談後、記者団に対し、「石原氏から、橋下氏と話し合った結果、分党することになったと説明があった。石原氏は橋下氏に対して、『結いの党との合流は認めるが、憲法観など私が国政に戻ることを決めた理念とは、結いの江田代表とは違う。一緒にできないと伝えた』と説明があった。私たちはこれを了承した。いつまでも同床異夢でいても、しかたがない」と述べました。
 園田氏は会談後、記者団に対し、「今回の結果はよいことだ」と述べ、分党を求めた石原氏の判断を支持する考えを示しました。…

 これから、また政界再編成で騒がしくしたいんだろうけれども。だけど、「自主憲法制定」であれ、「憲法改定」であれ。今の憲法を変える、とりわけ9条を変えるという点では一緒。結局、新しい党が出来ても、安倍政権が進める憲法解釈変更による、海外で戦争する国づくりを、より右の立場から引っ張る危険な役割を果たすだけ。
 同時に、そんな彼らの役割は、さすがに国民もお見通しだろうしね。

 ボクらは、ボクらが国民と共有すべき問題を、しっかり発信して議論する。それが大事なんだろうしね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 対外純資産、初の300兆円超 海外企業の買収増などで | トップページ | 「排外発言」とは正反対だった「舞の海氏の講演」 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59721703

この記事へのトラックバック一覧です: 維新 石原氏「橋下氏と分党で一致」:

« 対外純資産、初の300兆円超 海外企業の買収増などで | トップページ | 「排外発言」とは正反対だった「舞の海氏の講演」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30