« ガバン・マコーマック氏 沖縄の現状分析 | トップページ | 世論調査 集団的自衛権行使の賛否は »

2014/05/01

東大独自ルール「軍事忌避」に反旗 複数の教授ら米軍から研究費

 いや、ちょっと、驚く。うーん、予想はされても、いや、これは。大学研究の独立性って何なのか。

東大独自ルール「軍事忌避」に反旗 複数の教授ら米軍から研究費(産経新聞)

 軍事研究と外国軍隊からの便宜供与を禁止している東京大学で、複数の教授らが平成17年以降、米空軍傘下の団体から研究費名目などで現金を受け取っていたことが30日、分かった。東大は昭和34年から軍事研究を、さらに42年からは外国軍隊からの資金供与も禁止して「学問の自由」を事実上、制限してきた。これまで学内の独自ルールに手足を縛られてきた研究者が反旗を翻した格好だ。
 関係者によると、東大の男性教授は平成17年、スイス・ジュネーブ郊外の欧州原子核研究機構(CERN)で反物質の研究を行う際、米空軍傘下の「アジア宇宙航空研究開発事務所(AOARD)」から「研究費」として7万5千ドルを受領した。
 さらに、応用物理学に関する学会が19年に開かれた際、東大の男性准教授(当時)が米空軍の関連団体から学会の開催費用として1万ドルを受領。17年の学会でも別の男性教授(当時)が5千ドルを学会として受け取ったとしている。
 米空軍は東大に限らず有能な研究者を対象に研究費だけでなく、学会開催費名目などで資金供与を行っている。
 東大は産経新聞の取材に「調査に時間がかかっている」としている。研究費を受領した教授は「軍事研究はやっていない」と主張。学会の開催費用を受け取った当時の准教授は「東大の教員としてではなく、あくまで学会のメンバーとしてもらった。問題はない」と話している。
 東大は昭和34年、42年の評議会で「軍事研究はもちろん、軍事研究として疑われるものも行わない考えを確認している」と主張している。こうした評議会の確認事項を根拠に、現在でも全学部で軍事研究の禁止を続けている。

 手を縛られていた…。
 国立大学にはたとえば、名大平和憲章などもあったし、坂田研究室の伝統などもそこにあった。軍事と学問との関係はいまほんとうにどうなっているのか?

 ちょっと、話が違うのかもしれないが、東大のロボット研究が、その大学発の起業が、グーグルに買収されてという記事が昨日、朝日にあった。その先には何があるのかなあ。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ガバン・マコーマック氏 沖縄の現状分析 | トップページ | 世論調査 集団的自衛権行使の賛否は »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59566616

この記事へのトラックバック一覧です: 東大独自ルール「軍事忌避」に反旗 複数の教授ら米軍から研究費:

« ガバン・マコーマック氏 沖縄の現状分析 | トップページ | 世論調査 集団的自衛権行使の賛否は »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31