« 外務省メール:被ばく情報、矮小示唆し要求 福島自治体に | トップページ | サイレント・プア »

2014/04/14

日本女性は異常な働き方 OECD事務総長「政府は改善に動け」

 うーん、最近は、ちゃんとこういう問題を追いかけていないなあ。

日本女性は異常な働き方 OECD事務総長「政府は改善に動け」(しんぶん赤旗)

 経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長が東京都内で開かれた「OECD日本加盟50周年記念シンポジウム」(9日)で、日本の女性の働き方の問題にふれ、「選択の余地はない。日本は(改善に)動かなければならない」と強調しました。
 日本の女性の働き方について、(1)労働参加率が低い(2)賃金が男性と比べて27%低い(3)非正規の約7割が女性(4)労働環境が男性に有利になるようつくられている―などの問題点を指摘したグリア氏。「しかも育児だけでなく、家族の終末期の面倒も見なければならない。女性の6割が子どもが生まれたときに仕事を辞めている。これはひどい」とも語りました。
 グリア氏は「その結果、日本の使用者は女性のキャリアチャンスに投資をしない。大卒の女性も一般職に配置されてしまう」「教育レベルは女性のほうが高い。ところが、せっかくの(有能な女性という)資源が利用されていない」と強調しました。
 さらに、日本政府が保育所などの就学前の施設に国内総生産(GDP)のわずか0・4%しか予算を投じておらず、デンマーク、フランス、スウェーデンの予算の3分の1だとも指摘しました。
 グリア氏は深刻な格差社会で知られる新興国・メキシコの元財務相。そのグリア氏の目にも、日本の女性の働き方や貧弱な子育て支援の実態は異常と映ったようです。

 賃金や労働条件だけではない。家族責任の名のもとに、子育てや介護が、女性の肩にのしかかる。政治の支援の薄さはここでも顕著だということ。ちゃんと、データださないとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 外務省メール:被ばく情報、矮小示唆し要求 福島自治体に | トップページ | サイレント・プア »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59470655

この記事へのトラックバック一覧です: 日本女性は異常な働き方 OECD事務総長「政府は改善に動け」:

« 外務省メール:被ばく情報、矮小示唆し要求 福島自治体に | トップページ | サイレント・プア »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30