« 沖縄・高江 やんばるで生きる | トップページ | 京大総長、従来通り教職員投票に »

2014/04/24

JR徘徊事故で妻に賠償命令 長男責任なし、名古屋高裁

 いくら、長男の責任はなしと言っても、家族に責任んを押しつけるのには変わりのない判決。

JR徘徊事故で妻に賠償命令 長男責任なし、名古屋高裁(共同通信)

 2007年12月、愛知県大府市で徘徊症状がある認知症の91歳男性が電車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が遺族に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は24日、「見守りを怠った」などとして男性の妻に賠償を命じた一審名古屋地裁判決に続き、妻の責任を認定し359万円の支払いを命じた。長男の責任は一審判決を変更し、認めなかった。
 昨年8月の一審判決に対しては、介護関係者らから「認知症高齢者の閉じ込めにつながる」「介護の現場を分かっていない」との批判が続出。高齢化社会が進む中、認知症患者が起こした事故の責任の在り方をめぐり議論を呼びそうだ。

 もともと、どんな家族も単独で生きてきたわけではないだろうし、そもそも、家族は、いろいろな地域などのしがらみからも自由ではなかったなかで生きてきた。それが独立し、孤立し…。そして、いまは、社会というものがこういう分野から撤退し、そのすべてを家族にという感じか。ほんとうにすべてが家族家族ってわけで。
 新自由主義にがちがちにとらわれざるえないのは、こういうことがあるから。それは若者・学生だけにおこっているわけではない。親だけにおこる問題ではない。ほんとうに、いろいろなことが起こってしまう。そのなかで生きていくことの、息苦しいこと。ああ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄・高江 やんばるで生きる | トップページ | 京大総長、従来通り教職員投票に »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59524670

この記事へのトラックバック一覧です: JR徘徊事故で妻に賠償命令 長男責任なし、名古屋高裁:

« 沖縄・高江 やんばるで生きる | トップページ | 京大総長、従来通り教職員投票に »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31