« 子持ちの有業男女の平均睡眠時間(平日) | トップページ | 海自自殺訴訟:いじめ原因と認定 東京高裁 »

2014/04/22

超党派140人超 靖国参拝 例大祭 新藤総務相も再び

 うーん、どう考えても歯止めがなくなっているなあ。

超党派140人超 靖国参拝 例大祭 新藤総務相も再び(東京新聞)

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が二十二日午前、春季例大祭中の靖国神社(東京・九段北)を集団参拝した。衛藤晟一(せいいち)首相補佐官のほか、与野党議員百四十七人が参加した。これとは別に新藤義孝総務相が十二日に続いて再び参拝。加藤勝信官房副長官も昼、個別に参拝した。
 衛藤氏は二十三日のオバマ米大統領来日を前に日米関係への影響について、記者団に「いろいろと言われる筋合いではない。平和を祈念するのは当たり前の行為だ」と否定した。
 集団参拝には自民党の高市早苗政調会長や民主党の羽田雄一郎参院幹事長、日本維新の会の平沼赳夫代表代行らに加え、みんなの党、結いの党の議員も参加した。例大祭に合わせる形で既に古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相も参拝しており、中国や韓国が批判を強める可能性がある。
 安倍晋三首相は春季例大祭が始まった二十一日に「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。
 議連会長の尾辻秀久元参院副議長は記者会見で、首相が春の例大祭での参拝を見送る意向であることに関し「国益のためにどうすれば良いか、首相の判断だ」と一定の理解を示した。
 新藤氏は参拝後、日米関係に与える影響について、記者団に「米大統領の訪日に何の影響も与えない」と強調。「個人としての私的行為だ。玉串料は私費だ」と説明した。十二日には硫黄島協会の慰霊祭に参加する形で他のメンバー約八十人と共に参列していた。
 議連は毎年、春秋の例大祭と終戦記念日の八月十五日に合わせて参拝している。昨年の春季例大祭では百六十六人が参加し、記録が残る一九八九年以降で最多になった。

 時代の空気が政治家たちをこうさせるのか、政治家たちが主導してこういう事態をつくったのか。おそらくどちらもかもね。

 もちろん、こうした政治家の歴史観をボクは許すことはできない。アジアからもきわめて厳しい批判がよせらえる。
 と同時に、空気を国民のあいだにつくってしまったのは、アジアにある緊張した雰囲気でもあるのか。ならば、いまアジアをどう考えるか。どう語るのか。まず、ここをしばらく勉強して見ようと思ったのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 子持ちの有業男女の平均睡眠時間(平日) | トップページ | 海自自殺訴訟:いじめ原因と認定 東京高裁 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59514886

この記事へのトラックバック一覧です: 超党派140人超 靖国参拝 例大祭 新藤総務相も再び:

« 子持ちの有業男女の平均睡眠時間(平日) | トップページ | 海自自殺訴訟:いじめ原因と認定 東京高裁 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31