« 教委改革法案閣議決定 任期3年新「教育長」設置 | トップページ | 石破氏、地球の裏「排除せず」 集団的自衛権で »

2014/04/04

教科書検定:安倍政権意向色濃く

 新しい検定基準前の教科書でこんな結果である。なかなかたいへんな事態であるのだなあ。

教科書検定:安倍政権意向色濃く(毎日新聞)

 竹島(島根県)や尖閣諸島(沖縄県)の問題が記述されることになった来年度使用の小学校教科書。文部科学省は「記述内容は基本的には教科書会社の判断」としているが、2016年度から中学校で使われる教科書で適用される新検定基準では、領土や歴史問題の政府見解明記を求めており、安倍政権の姿勢がさらに影響を強めるのではないかとの懸念が強まるのは必至だ。
 検定結果では、竹島、尖閣いずれも小学3・4年生用で2点、5年生用で4点、6年生用で3点、地図帳で2点の計11点で記載(地図上の表記のみの4点含む)。小学社会を申請した全教科書会社が、いずれかの学年で竹島、尖閣に触れた。
 教育出版は5年生用で竹島と尖閣を「日本固有の領土」と表現。竹島については「国際的な場で話し合いによって解決しようと、韓国に対するはたらきかけを重ねてきています」とし、尖閣については「その周りの日本の海では、中国の船が侵入し、日本の同意を得ることなく海洋調査を行ったり、違法に漁業を行ったりするなどの行為をくり返しています」と記述した。
 今回の検定対象となった教科書は主に12年度に編集しているが、領土問題を重視する安倍教育改革はその後も加速。文科省は1月17日の検定基準改定で、社会科の近現代の歴史的事象や領土問題などで政府見解や最高裁判例に基づいた記述を求めるなど、自民党内の主張を色濃く反映。14年度検定の中学校教科書から適用する。さらに1月28日には、中学社会と高校の地理歴史、公民で、竹島と尖閣諸島を「我が国の固有の領土」と明記するよう、教科書編集や指導の指針となる学習指導要領解説書を改訂した。
 竹島と尖閣諸島については小学校では学習指導要領と解説書に記載されておらず、取り上げる必要はないが、今回は急増。文科省教科書課は「日本の国土の広がりを学ぶ中で、(領土が)最近大きな社会問題になっているため、発行者の方で掲載を判断したのではないか」としている。…

 文科省の発表はこれ。
 ここで公開される。

 政府の見解に付き従う言論が、教育の世界でも跋扈する。ものいうのはこういう言論。批判的な言論が衰弱して良いのか。教育はどうなっていくのか。いよいよ、新しい検定基準での、中学教科書の検定がはじまるのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教委改革法案閣議決定 任期3年新「教育長」設置 | トップページ | 石破氏、地球の裏「排除せず」 集団的自衛権で »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59412478

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書検定:安倍政権意向色濃く:

« 教委改革法案閣議決定 任期3年新「教育長」設置 | トップページ | 石破氏、地球の裏「排除せず」 集団的自衛権で »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31