« 大阪府:小中教員不足深刻、講師足りず…授業3カ月無し | トップページ | 河野談話の維持・発展を求める学者の共同声明 »

2014/04/11

弱者追いつめる政策で…さらに悪化する「アベノミクス餓死」

 少し前までは、豊かな日本でこんなことはって言っていたけど、もうとても豊かな国なんて思えなくなっている。それでも、ショッキングなニュースである。

弱者追いつめる政策で…さらに悪化する「アベノミクス餓死」(女性自身)

 アベノミクスによる好況が伝えられているが、日本人の「餓死」は特殊なことではなくなりつつある。‘11年の国内の餓死者は栄養失調と食糧の不足を合わせて1,746人。およそ5時間に1人が餓死しているという状態だ。
 「餓死の問題は、もともとは路上生活者の増加に伴うものでした。それが近年、一般家庭や若者にも広がっていると感じます。また、栄養失調については高齢者が食欲をなくして食べられなくなったケースもあるので、餓死の対象とするかは見定めの難しいところですが、少なくとも食糧不足については餓死で間違いありません」 
 そう語るのは、生活困窮者を支援するNPO法人「もやい」の代表を務める、稲葉剛さん。食糧不足による死者数は、’94年までは年間20人程度だったものの、’95年、路上生活者の急増によって一気に3倍の58人に。翌年には81人を記録し、’00年以降は増加の一途を辿っている。
 背景にあるのは、格差社会による貧困の拡大。長引く景気低迷も重なり、「普通の人」も、生きるのが困難な状況に追い込まれているのだ。生活困窮者を支援するNPO法人「ほっとプラス」代表・藤田孝典さんも次のように話す。
 「先日も、20代の男性が『もう3日間何も食べていない』と、相談に来たばかりです。彼は昨年末に突然、不当解雇され、しかも自己都合扱い。もともと安月給で借金をしながら生活していたので、失業保険が出るまでの3カ月が持ちこたえられなかったのです」
 日本の貧困率(所得が標準の50%に満たない人の割合)は、いまや16%。先進国のなかでもワースト4位だ。こうした生活困窮者の最後の「頼みの綱」が生活保護。ところが、海外に比べて日本の制度は遅れをとっており、これが餓死につながっているという。
 「生活保護が必要とされる人のうち、実際に受給できている人の割合(捕捉率)はわずか2~3割。欧米の捕捉率が5~8割であることと比べても、非常に低いのが実情です」(稲葉さん)
 そんななか、安倍政権は追い打ちをかけるように、昨年8月から生活保護費の引き下げを開始。来年4月までの3年間で最大10%と、過去前例のない大幅な引き下げを断行する。また、今年7月から施行される改正生活保護法では、親族の扶養義務を強化。親族が援助を断ると理由の報告を求めたり、場合によっては家族の資産収入も調査するという。芸能人の不正受給問題を機に推し進められたこの法案に対し、前出・稲葉さんは憤りを隠さない。…

 なのに、今月1日から、消費税増税、介護保険料の引き上げ、年金引き下げ…。弱者をとことん追い詰めるアベノミクス。ほんとうに、よく考えなきゃいけない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大阪府:小中教員不足深刻、講師足りず…授業3カ月無し | トップページ | 河野談話の維持・発展を求める学者の共同声明 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

結局のところは、アメリカに置き換えれば、99%の非富裕層が1%の金と権力の亡者の餌食にされ、円をドルと無理心中させてしまうのが、アベノミクスの正体にほかならないという真実を裏付ける動かぬ証拠を曝け出したに過ぎないと見破れば、今度は日本の99%の非富裕層が、まんまと騙されたふりをして、アメリカの99%の非富裕層の皆様と共に、円をドルと無理心中させることもなく、この代償として、日本の1%の金と権力の亡者をアメリカの1%の金と権力の亡者と共に無理心中させるための「逆転の罠」にすることで、大企業に対する法人実効税率を80%の引き上げ、所得税の累進性の強化をして、年収1億円に対しては、この90%を、税金や社会保険料等で、幾らでも徴収をして、残りの1000万円で、誇りを持って幸せに暮らせるようにすると共に、最低賃金を、年収300万円程度にまで底上げをして、これを生活保護受給額の上限とすることで、この上限額を下回る分については、生活保護等の公的給付を遠慮なく受けることが出来る様にしてあげることで、年収300万円~1000万円の中間層だけが、決して損することもなく、むしろお互いの利益に叶うことが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様な社会に変えてしまうことで、株価については、誇りを持って世界最低水準にまで下落させて低迷させ、この反動として、為替については、幾らでも円高水準に戻し、むしろ1ドル50円程度までの円高水準にして、人民元やユーロなどの通貨については、アメリカのドルよりや安くはならず、日本円よりは高くはならないように、どうぞご留意ください、ということで、誇りを持って原材料コストを削減し、原油や天然ガス、食糧などの輸入量を減らし、採算の取れる範囲の経済規模だけを残して、生産拠点の海外移転を加速化し、日本経済全体のダウンサイジング化と同時に、産業構造の流動化と、雇用の流動化を同時に、幾らでも加速化させ、経済規模こそ、幾らでも縮小均衡させ、輸出量を減らし、貿易依存度を低下させ、誇りを持って弱体化させ、日本ブランドを喪失させ、ハブ機能も喪失させ、誇りを持って一人負けをして、誇りを持って経済力も軍事力も喪失させ、ただひっそりと静まり返った社会となって安定化させることで、円をドルと無理心中させることもなく、財政規模の縮小と同時に、財政赤字の削減に繋がり、日本の99%の利益が、アメリカの99%の利益にもなり、中国や韓国、ロシアなどの国益にも叶うことが出来ることが出来て、誇りを持って東アジアの片隅で、ただひっそりと取り残されながらも、名誉ある孤立化をして、誇りを持って没落させ、ニ度と変な戦争に巻き込まれることもなく、変なとばっちりを受けるようなこともなく、そっと静かにいないふりをしながらも、成熟した大人の国として自立して行く道を選択して行くことで、日本の運命を大きく変えて行く様にして行けば良いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59452714

この記事へのトラックバック一覧です: 弱者追いつめる政策で…さらに悪化する「アベノミクス餓死」:

« 大阪府:小中教員不足深刻、講師足りず…授業3カ月無し | トップページ | 河野談話の維持・発展を求める学者の共同声明 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31