« 「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回 | トップページ | 8%の衝撃 »

2014/04/01

安保法制懇の「政局的平和主義」-集団的自衛権をめぐって-

1381454_682303665163715_2041990280_ 午前中、大阪から戻ってきて、埼玉で、写真家さんとのうちあわせ。その後、職場に行って会議、たまった実務、それから国会へ。表題の集団的自衛権を考える超党派の議員と 市民の勉強会の第5回に参加。講師は水島朝穂さん。基本、『世界』の五月号の内容だそうだけど。だけどおもしろかった。話はシンプル。いま、すすめようとしている集団的自衛権行使容認の解釈改憲は、これまで、政府がつくってきた自衛力合憲論というものの基盤を不安定なものにするものだということ。そもそも憲法学の立場から言えば、自衛力合憲ということはありえない話だけど、かなり強引につくってきた政府の解釈そのものがあやうくなるというすっきりした話を。それを支えてきたのが、海外での武力行使はしないということ。現在の海外での自衛隊の武器使用は、法的には警察力の枠組みであることなどなど。ここにきて、もう一度考えるべきは九条の二項の意義と意味。
 それから国会のスタッフとあれこれ、遅くまで企画の打ち合わせ。みんな忙しくって、なかなかたいへんな様子。みなさんお疲れです。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回 | トップページ | 8%の衝撃 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59395674

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制懇の「政局的平和主義」-集団的自衛権をめぐって-:

« 「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回 | トップページ | 8%の衝撃 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30