« 空襲被害者援護制度の確立を 院内集会 | トップページ | シンポジウム秘密保護法廃止へ »

2014/03/05

「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか?

 生活保護法改悪の影響がいっそうクリアにでそうな状況が強まっている。生活保護法改正に関する省令案について生活保護問題対策連絡会議が文章を発表した。

「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか? 生活保護法改正に関する省令案の抜本修正を求めるパブリックコメント                                 生活保護問題対策全国会議

第1 はじめに(意見要旨)
 厚生労働省は、「生活保護法施行規則の一部を改正する省令(案)」を発表し、パブリックコメントを募っている。しかし、そこで記載されている内容は、国会での答弁内容や参議院厚生労働委員会附帯決議の内容を骨抜きにするものである。この省令案がまかり通れば、「申請手続を厳格化するものではない」「扶養義務者に対する圧力を強化するものではない」という国会答弁は、ペテンであったということになる。
 いずれも極めて基本的な法技術的な操作であって法律家の目からすれば、その欺瞞や不正義は明らかである。しかし、一般市民からすれば分かりにくいであろう。分かりにくいことを良いことに国会答弁を反故にする姑息な操作が行われている点で極めて背信的である。
 私たちは、このような省令案の内容は到底容認できない。厳重に抗議の意思を表明するとともに、国会答弁や附帯決議の内容を真摯に反映させた省令案に修正するよう強く要求する。
 なお、私たちは、多くの市民や団体が、この不当な省令案の修正を求めるパブリックコメントを厚生労働省に提出するよう呼びかける。 …

 文章以上にいろいろいうことはないけれども。
 どうも生活困窮者支援法のほうも、出されてきているメニューは、求められるものにほどとおく、このままでいけば、生活保護を沖合で阻止する役割をはたしかねない状況もあるみたいで。

 結構、重要な局面。いよいよ訴訟が全国展開となっていくわけだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 空襲被害者援護制度の確立を 院内集会 | トップページ | シンポジウム秘密保護法廃止へ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59244016

この記事へのトラックバック一覧です: 「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか? :

« 空襲被害者援護制度の確立を 院内集会 | トップページ | シンポジウム秘密保護法廃止へ »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30