« オスプレイ:伊江島で離着陸1793回 即時中止求める | トップページ | いま求められる若者のキャリア形成と 大学教育・大学評価 »

2014/03/02

サポステ「行革」で暗雲 若者支援、関係者ら困惑

 うーん。これは…。

サポステ「行革」で暗雲 若者支援、関係者ら困惑(下野新聞)

 国の行政改革のあおりを受け、就労が困難な若者を支援する地域若者サポートステーション(サポステ)の位置付けが揺らいでいる。一般の若者就労支援や生活困窮者対策への統合・合理化が検討される中、先進的な取り組みを進めてきた本県のサポステ関係者からは支援のノウハウ継承を危ぶむ声が上がる。8日には稲田朋美行革担当相が本県を訪れ、サポステなどを視察する予定で、今後の判断が注目される。
 サポステは、ニートや引きこもりなどで無職状態の若者一人一人に応じて就職など進路相談を実施。コミュニケーション訓練のほか、協力企業での就労体験を通じ自立を支援している。厚生労働省から委託を受けた民間組織が運営。現在、全国に約160カ所、県内は宇都宮、小山、那須塩原の3カ所にある。
 有識者を含めた政府の行革推進会議の意見では「(支援)対象や地方自治体との役割分担が明確でなく、事業の有効性に説得的な分析がされていない」と指摘。ハローワークや生活困窮者支援窓口への統合を求める意見も出た。新年度は現状で事業継続するが、2015年度以降は不透明だ。
 こうした状況に、とちぎ若者サポートステーション(宇都宮市)を運営する県若年者支援機構の中野謙作理事長(54)は「サポステに来る若者の多くは、背景に貧困やいじめ体験など課題を抱えている。適性に応じ段階を踏んだ支援が重要で、ハローワークなどでの対応は難しい」と、現場で積み上げてきたノウハウ継承の重要性を訴える。

 うーん、うーん。これはダメだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オスプレイ:伊江島で離着陸1793回 即時中止求める | トップページ | いま求められる若者のキャリア形成と 大学教育・大学評価 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

一般の若者就労支援と、ニートや引きこもり等をはじめとする生活困窮者対策というのは、別の次元の問題として取り組むことこそが、何より大切なことではないかという本質を見破れば、これを全て一体化しようとすること自体が、根本的な間違いに他ならないという真実を見破れば、生活保護受給者の問題に置き換えれば、生活保護受給者への就労支援と称して、風俗で働かせるようなことをすれば、戦前の日本に置き換えれば、これだけでも従軍慰安婦問題の真実を裏付ける動かぬ証拠を曝け出しているに他ならないという真実を見破れば、もう怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんね。

それこそ、就労支援に至る以前の対策としては、例えばうつ病をはじめとする精神障害等による対応が必要とあれば、心理カウンセリングなどで、就労支援ができる状態にしてからでないと、根本的な対策にはならないのは当然のことですよね。
それこそ、日本の将来を考えれば、このままでは取り返しのつかないならないようにするためには、どうせならば、まんまと騙されたふりをして、ケネディ駐日大使にでも、「アメリカのオバマ大統領より、安倍首相に精神分析医を紹介して下さい」とでもお願いすることで、それこそ、沖縄県がまんまと騙されたふりをして、老人介護施設のみならず精神障害者のための自立支援施設でも作ることで、安倍首相に心理カウンセリングを受診でもさせてあげるようにすることで、これに必要な介護ヘルパーや看護師などの人材については、中国をはじめ、韓国やベトナムからでも幾らでも受け容れてあげるという「逆転の罠」として利用することで、日本全国各地で、こうした心理カウンセリングをはじめとする精神障害者のための自立支援施設をはじめ、老人介護施設等を幾らでも充実させていくようにすれば、これに必要な財源ならば、大企業や富裕層から幾らでも増税をして、社会保険料についても、富裕層からは幾らでも徴収することで、この全てを、こうしたところに当てるようにすればよいだけのことでは無いでしょうか。
これならば、日本経済は、もう幾らでも衰退させ、グローバル競争には、誇りを持って、幾らでも一人負けをして、いくらでも国際競争力を喪失させ、経済成長を喪失させ、弱体化させ、国際社会の中での地位も名誉も喪失させ、1%の金と権力の亡者をアメリカの1%の金と権力の亡者と共に無理心中させることで、誇りを持って名誉ある孤立化をして、そっと静かに自立して行く道を選択して、「さらば暴政」、「さらば原発」というものに繋げて、日本の産業構造の流動化をいくらでも加速化させ、同時に、雇用の流動化を加速化させ、最低賃金水準の底上げに繋げて行くことで、生活保護受給水準を、この底上げされた最低賃金水準を上限とすることにすれば、不正受給者については一人もいなくなってしまうことになれば、これだけで十分なことだし、貧富の格差こそ、一定の範囲内に縮小させることで、この中で、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして行くという尊い志というものこそ、個人主義のベースとして、これを日本社会全体にインテグレートさせて行くことで、この日本社会の象徴として君臨するのが天皇陛下であり、いくらでもひっそりと静まり返った社会となって安定化させていくことに繋げて行けば良いのだし、これと同時に、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを、全人類からのご褒美として、深く感謝をして、この喜びを、共に分かち合うことで、この尊い志と共に、全人類に対して。、良いお手本として示してあげることで、国際社会全体の中に、誇りを持って、天皇陛下と共に、ひっそりと没落させてしまうことで、そっと静かにいないふりをしながらも、成熟した大人の国として、自立して行く道を選択して、日本の運命を大きく変えて行くことに繋げて行けば良いのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59227637

この記事へのトラックバック一覧です: サポステ「行革」で暗雲 若者支援、関係者ら困惑:

« オスプレイ:伊江島で離着陸1793回 即時中止求める | トップページ | いま求められる若者のキャリア形成と 大学教育・大学評価 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31