« 教科研・3月集会 3・11と安倍教育改革 | トップページ | 4月からの生活のために(その2) »

2014/03/29

集団的自衛権、他国領で行使せず 政府素案、範囲を限定

 基本、わけのわからない議論であるのだけど。いよいよ集団的自衛権をめぐっては大きな山場にさしかかるのではあるなあ。

集団的自衛権、他国領で行使せず 政府素案、範囲を限定(朝日新聞)

 集団的自衛権の行使容認に向けた政府の素案が判明した。現在の政府見解である「必要最小限度」の自衛権に、集団的自衛権の一部が含まれると憲法解釈を変更する。その上で実際に行使する場合、原則として自衛隊を他国の領土、領海、領空には派遣せず、日本領域か公海に活動範囲を限定する方向で検討している。
 活動範囲を限定することで、与党内で行使容認に反対する公明党の理解を得やすくなるとの期待が政府内にある。また、自民、公明両党内から「時間をかけて慎重に議論すべきだ」との意見が出ていることを踏まえ、素案のもととなる安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告書について、当初の予定を遅らせて5月の大型連休後に提出する方向でも調整している。
 ただ、活動範囲や行使の具体例は明記せず、首相の国会答弁などで示すことにとどめる意向だ。そのため行使の「歯止め」があいまいになり、公明党の理解が得られるかは不透明だ。
 複数の政府関係者によると、首相が念頭に置く行使の具体例は、朝鮮半島など日本周辺で起きた有事と、ペルシャ湾から日本に至る海上輸送交通路(シーレーン)の防衛。朝鮮半島有事の際でも自衛隊は半島に上陸せず、公海上での給油や攻撃を受けた米艦船の防護などを行う考えだ。シーレーン防衛では、戦闘状態にある公海にまかれた機雷の除去などを想定している。…

 日本が自衛権を発動する要件として、政府は、①我が国への急迫不正の侵害がある②他の適当な手段がない③必要最小限度の行使を示してきた。これはあくまでも、個別的自衛権の問題。この「必要最小限度の範囲」という言葉がなぜか、集団的自衛権に関して、突然でてくる。だけど、「必要最小限度の範囲」といいながら、これは、日本を守るということとは基本関係ない。しかも、これは政治の問題。つまり、原理的には集団的自衛権の行使が容認されてしまうのだ。あくまで政治的な判断として、限定を加えるという構造。だからこそ、文書もつくらず、例外や、抜け七もたくさん用意する。結局はアメリカと戦争をする権利の行使へと続く。あまりにもひどい議論に、どう対応するのか。まだまだ、仕事が多いのですよねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教科研・3月集会 3・11と安倍教育改革 | トップページ | 4月からの生活のために(その2) »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59377631

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権、他国領で行使せず 政府素案、範囲を限定:

« 教科研・3月集会 3・11と安倍教育改革 | トップページ | 4月からの生活のために(その2) »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30