« 石原慎太郎、衝撃発言「皇居にお辞儀するのはバカ」「皇室は日本の役に立たない」 | トップページ | 「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか? »

2014/03/05

空襲被害者援護制度の確立を 院内集会

1979676_668733346520747_1321007902_ 今日は、午後から、表題の集会に参加してきた。空襲訴訟は、荒井先生などもかかわってきておられ、いままでもいろいろな企画もしてきたテーマ。政権が、くるくる変わるなかで、援護法も残念ながら宙にういた状態。
 集会では、大阪の訴訟団の弁護士、大前さんが講演。防空法について解説。消防の義務なども課されて、逃げることがゆるされなかった歴史の話をされた。上方落語のような語りで、おもしろくわかりやすかった。
 被害者の発言が続いた。とっても胸を打った。突然の受けとめきれない理不尽、戦後の苦悩などなど。その語りは、人間の尊厳を踏みにじるものからの回復を問いかける普遍的なものを感じる。もちろんその救済にしろ責任ということにしろ、それは個別的なものから出発しなければならないと思う。だけど、提示されている普遍的な問いかけは、同時に、被害と禍害とをつなぐ可能性も内包していると思えるし。そういう重なりのなかで、議論されていけばいいなって思う。そのなかで継承というのが大きな課題なんだろうけれども。
 自民党から共産党、無所属の議員が発言。いろいろな難しさも感じるけど。被害者が高齢化しているもとで、まったなしの課題でもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 石原慎太郎、衝撃発言「皇居にお辞儀するのはバカ」「皇室は日本の役に立たない」 | トップページ | 「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか? »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59243982

この記事へのトラックバック一覧です: 空襲被害者援護制度の確立を 院内集会:

« 石原慎太郎、衝撃発言「皇居にお辞儀するのはバカ」「皇室は日本の役に立たない」 | トップページ | 「改正」生活保護法に関する国会答弁はペテンだったのか? »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31