« 無料の社員食堂は「派遣社員の利用ダメ」 有名IT企業の「非情」 | トップページ | 家事にいそしむ »

2014/03/19

強制連行訴状 中国で受理 共同声明後初 相次ぐ提訴必至

 いよいよ中国でもはじまる。韓国では最高裁の判決が出ている。

強制連行訴状 中国で受理 共同声明後初 相次ぐ提訴必至(東京新聞)

 日中戦争時に中国から強制連行され、日本国内で厳しい労働を強いられた中国人元労働者と遺族らが北京市第一中級人民法院(地裁)に損害賠償などを求める訴状を提出していた事案で、地裁は十八日、訴状を受理した。日本政府は一九七二年の「日中共同声明」によって解決済みとの立場で、中国の裁判所も七二年以降、受理したことはなかった。今回受理したことで、同様の訴訟が中国各地で起こされるのは確実。日中関係の悪化が懸念される。
 原告側弁護士によると、元労働者と遺族ら約四十人は先月二十六日、北京の地裁に訴状を提出。一人当たり百万元(約千七百万円)の損害賠償と、謝罪広告の掲載を求めている。開廷の期日は未定。
 中国の司法機関は共産党の指導下にあり、事実上、習近平政権の判断により判決が左右される。
 訴えられたのは三菱マテリアルと日本コークス工業(旧三井鉱山)の二社。原告側は戦時中、北海道や九州の炭鉱に連行され、強制的に働かされたと主張している。今回の原告団は札幌や福岡の裁判所にも提訴したが、日本の最高裁が二〇〇七年、「日中共同声明によって個人の請求権は認められない」と最終的に判断。このため、原告団は中国内で訴訟を起こす準備を進めてきた。
 中国外務省の華春瑩副報道局長は先月二十六日、強制連行問題について「現在に至るまで解決されていない歴史上の問題」と表明し、「中国内の裁判所が法律によって処理する案件だ」と明言していた。
 原告側の康健弁護士は十八日、記者会見を開き「(日中共同声明があっても)日本企業は責任を免れることはできない」と述べた。

 戦争責任訴訟の基本的な特徴は、こういう過酷な事実があることが、決して否定できないことだ。それを政治的な放言のみで否定する手法。だけど、政府としては決して否定できない。その責任をのがれるために、請求権問題をもち出す。だけど、世界的な責任への法的認識からはなかなか難しい問題。となると、次にくるのは、事実の解釈を勝手に変えるのか?
 しかし、どんな策を講じても、世界からの非難は高まり、国際的には孤立するだけではあるのだけど。
 戦争に対する世界の法的な認識は、どんどん発展しているのだけどなあ。過去の問題も、現在の問題も。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 無料の社員食堂は「派遣社員の利用ダメ」 有名IT企業の「非情」 | トップページ | 家事にいそしむ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

「しかし、どんな策を講じても、世界からの非難は高まり、国際的には孤立するだけではあるのだけど。」なんていうことも、結局のところは、安倍首相が自ら選択した運命に他ならないという真実を見破れば、韓国にしてみれば、それこそ従軍慰安婦問題の真実を裏付ける動かぬ証拠について、まんまと騙されたふりをして取りに来させておいて、首脳会談に応じるふりをして、わざと偽物の証拠を捕ませて、安倍首相には、どんぐりや豚の皮の天ぷらでおもてなしでもして、自らが墓穴を掘ったに過ぎないという真実を裏付ける動かぬ証拠を曝け出させては、中国と共に、国連の安全保障理事会にて、戦前の日本の仕出かした罪を立証させ、ロシア等と共に、旧敵国条項に基づいて、安全保障理事会にて制裁決議を発動させるという「逆転の罠」として利用することで、幾らでも日本国を馬鹿にしてコケにするならば、それこそアメリカを戦前の日本に置き換えれば、今度は日本が中国を見倣って、まんまと騙されたふりをして、誇りを持って「日本国を馬鹿にしてコケにしてくださいまして、誠に有難うございます。全く持ってこれほど恥ずかしいことはございませんとしか言いようがありませんが、このままでは取り返しの付かないことになるばかりでしかございませんし、結局のところは安倍首相が自ら選択した運命にほかならないという真実を見破れば、どうぞ容赦なく、幾らでも安倍首相を馬鹿にしてコケにして頂き、幾らでも泣き崩し、靖国神社については、もう容赦なく、もっともっと幾らでも冒涜してくださいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで応えてあげるしかございませんね。
同時に、アメリカからすれば、それこそ核武装計画書を差し出させて、核武装のい濡れ衣を着せて、中国、韓国、ロシア等と共に、国連の安全保障理事会において旧敵国条項に基づき、制裁決議を発動して頂くことに利用するならば、こえに対しても、誇りを持って、まんまと騙さたふりをして、「中国、ロシア、韓国等と共に、国連の安全保障理事会にて、日本国に対する対日非難決議をしてこられましたら、どうぞ遠慮なく、拒否権を行使せずに、このまま制裁決議を発動することに賛成して頂いて結構ですので、この見返りとして、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを頂き、これを天皇陛下に授けてくださいます様、どうじおよろしくお願い申し上げます」と誇りを以て応えてあげることで、間抜けの大ドンデン返し」とでも称する程の、物凄い「逆転の罠」に繋げて行くことに利用させてあげるしかないのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59321901

この記事へのトラックバック一覧です: 強制連行訴状 中国で受理 共同声明後初 相次ぐ提訴必至:

« 無料の社員食堂は「派遣社員の利用ダメ」 有名IT企業の「非情」 | トップページ | 家事にいそしむ »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31