« 辺野古反対運動「対策を」 島尻氏、政府に要求 | トップページ | 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 »

2014/02/06

橋下市長辞職「評価しない」6割…読売世論調査

 読売の世論調査が、大阪の問題を聞く。うーーん。

橋下市長辞職「評価しない」6割…読売世論調査(読売新聞)

 読売新聞社は、橋下徹大阪市長(日本維新の会共同代表)が市長辞職と出直し選への出馬を表明したことを受け、4~5日、市内の有権者を対象に緊急世論調査(電話方式)を行った。橋下氏の辞職・出直し選を「評価しない」とした人は61%で、「評価する」の31%を大きく上回った。
 評価しない理由(複数回答)は、「多額の費用をかけるのは税金の無駄遣い」が89%で最も多く、次いで「任期の途中で辞職するのは無責任」、「議会ともっと話し合うべきだ」が各78%だった。
 出直し選を巡り、政党の中に候補擁立を見送る動きがあることには、「擁立した方がよい」とした人は57%と半数を超え、「そうは思わない」の30%を上回った。また、出直し選への関心は、「大いに関心がある」と「多少は関心がある」が計59%。質問が異なるため単純に比較できないが、大阪府知事選とのダブル選となった2011年市長選の告示前の調査では、「関心がある」が90%に達しており、ダブル選より有権者の関心は低くなっている。

 出直し選挙は評価しないが圧倒的だけど、選挙は候補を擁立っした方がよいが多い。うーん。いまのようなRDDと呼ばれる世論調査で、これがどこまで、世論を反映しているのかは微妙だけど、なかなか無視できない数字でもある。ただ、全体として、有権者はかなりしらけていると言うのも事実だろうなあ。そういうなかに、何がいま必要なのか??

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 辺野古反対運動「対策を」 島尻氏、政府に要求 | トップページ | 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59082996

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長辞職「評価しない」6割…読売世論調査:

« 辺野古反対運動「対策を」 島尻氏、政府に要求 | トップページ | 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30