« 佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす | トップページ | 給与総額下げ止まり、パート比率は過去最高 13年 »

2014/02/05

特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」

 ボクも、特攻隊員の遺書を読んで、涙することもあれば、心から追悼したいという思いをもっているけれども、世界遺産申請というのはやはり、ちょっと違うと思う。

特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」(産経新聞)

 鹿児島県南九州市が特攻隊員の遺書などを国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録しようとしていることについて、5日付の韓国紙は「歴史を無視する日本の態度に批判が高まりそうだ」(東亜日報)などと報じた。
 朝鮮日報は、特攻隊について「日本の軍国主義の病的な極みを示している」と主張。朝鮮半島出身者を徴用して働かせた施設が含まれるとして、韓国が世界文化遺産への登録に反発している「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」に続き、日本が「また、なりふり構わない」動きを見せていると伝えた。
 東亜日報は、特攻隊には朝鮮人隊員がいたとし、朝鮮人の遺書も遺産登録に含まれれば「遺族はもちろん、韓国(全体)の反発が予想される」と報じた。
 一方、韓国日報は5日、日本政府が産業革命遺産を構成する長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)の推薦書を1月末、ユネスコに提出したと報道。「韓国など周辺国の反発を懸念し非公開で提出したようだ」との韓国外交筋の話を引用した。

 あまりにも単純な美化が氾濫する。本屋に行ってもいま特攻本が、大量に平積みされている。永遠の0現象とでも言えばいいのか。
 だけど、そもそも、特攻ということ自体の問題性、非人間性に向き合わないといけないと思う。航空特攻作戦を発動した大西滝治郎中将自身が「統率の外道」と表現せざるをえなかったこの作戦……。
 そこで、苦しんだ若者たちの苦悩をもっと正面から見つめるべきだ。逃亡もあとをたたなかったことはいまでは、明らかなのだから。
 そして、何よりも、少なくない朝鮮人も動員されていた事実があるのだから。
 あまりにも短絡的な判断に、ほんとうに恥ずかしくなる。

 ちなみに、産業革命遺構の問題も、同じようなことが言える。日本が2015年に「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の世界文化遺産登録を目指しているわけだけど、韓国は、朝鮮半島出身者を徴用して強制的に働かせた施設を含むとして、以前から登録に反対しているのだ。少なくとも、その事実への歴史的な謝罪と反省がなされ、それを共有する場とならなければ、「世界」遺産には値しないのは、当然のことだと思えるのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす | トップページ | 給与総額下げ止まり、パート比率は過去最高 13年 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59075742

この記事へのトラックバック一覧です: 特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」:

« 佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす | トップページ | 給与総額下げ止まり、パート比率は過去最高 13年 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30