« 非正規雇用の割合36・6% 13年、過去最高更新 | トップページ | 厚生年金加入会社員ら、賞与ゼロが3割 12年度 厚労省調査 »

2014/02/01

強襲揚陸艦、海自に導入へ=離島防衛・災害対応を強化

 いろいろニュースが続くなあ。

強襲揚陸艦、海自に導入へ=離島防衛・災害対応を強化(時事通信)

 防衛省は、昨年12月に閣議決定された新たな防衛大綱で東シナ海の離島防衛や、南海トラフ巨大地震など大規模災害への対応を重視する方針が示されたことを受け、輸送力や航空運用能力に優れた強襲揚陸艦を海上自衛隊に導入する方針だ。大綱に基づき、5年間の装備品調達目標を定めた中期防衛力整備計画(中期防)の最終年度である2018年度までに、必要とされる機能や装備を検討。その後、導入計画を具体化する。
 中期防には、離島防衛で自衛隊部隊を素早く展開させることを目的に「多機能艦の在り方について検討の上、結論を得る」と明記。南海トラフ巨大地震への対応でも「十分な規模の部隊を迅速に輸送、展開して初動対応に万全を期す」と記した。

 はたして、この検討というのが何をさすのか? おおすみは強襲揚陸艦に模してつくられたとよく言われているわけだけど。先日のおおすみの事故は、この中期防をうけて、海兵隊機能を前提にした改造をおこなうために出向していたという噂も流れているのだけど、このおおすみの改造をさすのか? それともより大型化して、新しい艦船をつくるのか。ちなみにエセックスは排水量ではおおすみの5倍近いわけで……。どこまで、軍事大国化をすすめるのだろうか??

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 非正規雇用の割合36・6% 13年、過去最高更新 | トップページ | 厚生年金加入会社員ら、賞与ゼロが3割 12年度 厚労省調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59049497

この記事へのトラックバック一覧です: 強襲揚陸艦、海自に導入へ=離島防衛・災害対応を強化:

« 非正規雇用の割合36・6% 13年、過去最高更新 | トップページ | 厚生年金加入会社員ら、賞与ゼロが3割 12年度 厚労省調査 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31