« 看護職員の7割超「慢性疲労」 医労連調査 | トップページ | 特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」 »

2014/02/05

佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす

 うーん。かなりショックなニュース。

佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす(日経新聞)

 広島市出身の被爆2世で、両耳が聞こえない作曲家として知られる佐村河内守さん(50)=横浜市在住=の「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの主要な楽曲は、別の音楽家が作ったものだったと、佐村河内さんの代理人の弁護士が5日未明、明らかにした。
 フィギュアスケートの高橋大輔選手がソチ冬季五輪のショートプログラムで使用予定の楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」も、佐村河内さんの作品ではないという。
 代理人によると、十数年前から佐村河内さんが別の人物にイメージなどを伝え、曲にしてもらっていた。
 公式サイトなどによると、佐村河内さんは作曲を独学。「バイオハザード」「鬼武者」などのゲーム音楽で注目を集めた。35歳で聴力を失った後も、絶対音感を頼りに作曲を続けた。
 佐村河内さんは深く反省しているという。

 何があったのか? どういう経過でそういうことになったのか?
 「交響曲第1番 HIROSHIMA」は、いまから4年ほど前に、東京芸術劇場に聞きに行った。ものすごく感動しただけに、ショックは大きい。
 だけど、ふと、では誰が、あの曲をつくったのか。そのことも気になったりするのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 看護職員の7割超「慢性疲労」 医労連調査 | トップページ | 特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59075639

この記事へのトラックバック一覧です: 佐村河内さんの主要な楽曲は別人作 代理人明かす:

« 看護職員の7割超「慢性疲労」 医労連調査 | トップページ | 特攻隊員の遺書申請も批判 世界記憶遺産で韓国紙 「軍国主義の病的な極み」 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31