« 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 | トップページ | 小選挙区の扱いで隔たり=定数削減、合意見通せず-7党協議 »

2014/02/07

米軍事費、世界の4割 国際軍事年鑑

 あいかわらずのアメリカの突出した軍事費。そして、東アジアの増大か……。

米軍事費、世界の4割 国際軍事年鑑 日中韓の急増に警鐘(しんぶん赤旗)

 英国際戦略研究所(IISS)は5日、国際軍事年鑑「ミリタリー・バランス」(2014年版)を発表し、13年の世界全体の軍事費のうち約4割を米国が占めていることを明らかにしました。領土紛争が激化している東アジアで「軍事費が急増している」ことにも警鐘を鳴らしました。
 世界全体の軍事費は約1兆5380億ドル(約156兆円)。このうち1位の米国が約6004億ドル(約60兆9400億円)で約39%に達します。これは中国を含む2位から15位までの国の軍事費合計とほぼ同額です。
 軍事費増が顕著な東アジアで、特に増額が目立つのは中国、日本、韓国。10年に比べて、合わせて13・2%増えました。日中韓3カ国だけで、アジア全体の軍事費増の5割を占めるといいます。
 年鑑は領土紛争と海洋紛争が東アジアで激化しているとして、「民族主義的な感情が高揚するとともに、争いは先鋭化している」と懸念。「日中間の緊張は相当に高まっており、危険を低めるための軍事対話の運用メカニズムが必要だろう」と促しました。
 中国の軍事費増については、台湾への対応が最も重要な目標だとするとともに、米国がアジア・太平洋地域への関与を強めていることも要因だと指摘。中国が計画通り今年中に空母を南シナ海に展開すれば、米国の国益との摩擦を引き起こすとしています。……

 全体をリアルにみなくっちゃ。

 だけどそのときに、軍事的なアメリカのアジアシフトはものすごく気になる点。昨日はこんなニュースもあった。

米海軍 最新型艦船など3隻 日本配備へ(NHKニュース)

 アメリカ海軍は、長崎県の佐世保基地に現在配備している揚陸艦などの艦船のうち3隻を、より能力の高い新型の艦船に入れ替えると発表し、軍備増強を進める中国を念頭に、アジアでの戦力強化を図るアメリカ軍の戦略の一環とみられます。
 アメリカ海軍は、長崎県の佐世保基地に配備している▽掃海艦「アベンジャー」と「ディフェンダー」に代えてより能力の高い掃海艦「パイオニア」と「チーフ」をことし5月に配備するほか、▽ドック型揚陸艦「デンバー」に代えて最新型の「グリーン・ベイ」を来年2月に配備すると発表しました。
 このうち、最新型の揚陸艦「グリーン・ベイ」は最先端の情報通信機器を搭載し、より高速で航行でき、多くの車両や貨物を積むことができるということです。
 アメリカ海軍は、これらの艦船の入れ替えによって、日本の防衛とアジア太平洋地域の安定にアメリカが関与していることを示すことができるとしています。
 アメリカ海軍は、去年12月には最新鋭のP8哨戒機を国外では初めて沖縄の嘉手納基地に配備するなど、日本に最新の航空機や艦船の配備を進めています。
 こうした一連の装備の更新は、軍備増強を進める中国を念頭にアジアでの戦力強化を図るアメリカ軍の戦略の一環とみられます。

 そして、それに追随する日本。というか、かなり主導的に対立をあおる日本。年鑑発表の記者会見で、IISSの上級研究員は、安倍首相の靖国神社参拝について、「東アジアでの日本の影響力を損ない、有害だ」「中国が昨年、防空識別圏設定を明らかにしたとき、日本と韓国に同情が寄せられたが、同情は失われた」と述べたというのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 | トップページ | 小選挙区の扱いで隔たり=定数削減、合意見通せず-7党協議 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59086365

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍事費、世界の4割 国際軍事年鑑:

« 教委改革:教育長と委員長統合を自公検討 | トップページ | 小選挙区の扱いで隔たり=定数削減、合意見通せず-7党協議 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31