« 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 | トップページ | 復興の知恵 次世代に 阪神大震災19年 犠牲者に祈り »

2014/01/16

石破氏「名護に5百億円基金」 市長選応援でアピール

 彼らは彼らなりに、あらゆる手をつかってくるということの1つはこれということか。もちろん、ほかにもあらゆる手をつかってきているのだろうけどね。

石破氏「名護に5百億円基金」 市長選応援でアピール(共同通信)

 自民党の石破幹事長は16日、沖縄県名護市で市長選の応援演説に立ち、名護市の地域振興に向け500億円規模の基金を立ち上げる意向を明らかにした。「名護が発展することで沖縄も飛躍的に発展を遂げる。安倍政権として全面的に支援し、国、県、市が協力して新たに500億円の名護振興基金をつくる」と述べた。
 沖縄の経済振興を政権が後押しする姿勢をアピールし、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を推進する狙いとみられる。19日投開票の市長選で党推薦候補を応援するため現地入りした。市長選は移設容認派の前県議末松文信氏と県外移設を主張する現職稲嶺進氏の一騎打ち。

 4年前の選挙は、もう沖縄は、お金による懐柔は通用しないということを示したものだったと思う。ならばと、彼らは、そのお金の額をとほうもないものにしてきたということか。それに屈しない選択、住民の手による自治の力での経済の前進をかちとる選択こそが問われているということ。その住民と国民の力を示す選挙なんだと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 | トップページ | 復興の知恵 次世代に 阪神大震災19年 犠牲者に祈り »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

沖縄県からすれば、安倍自民党に対して、まんまと騙されたふりをすれば、「500億円のお金を出す余裕があるのであれば、このお金で尖閣諸島を沖縄県に払い下げて頂けるのであれば、残りのお金は、どうぞ福島県民の皆様に廻してあげて下さい」とでも言い返してあげれば良いのだし、福島県民の皆様からすれば、まんまと騙されたふりをして、「どうぞ沖縄県から廻して頂いたお金で、アメリカの言いなりになって、中曽根大震災の尻拭いをして下されば、少しでも予算が余った場合には、どうぞ他の地域の皆様に廻してあげてください」と誇りを持って応えてあげれば良いのだし、これならば、東京都が、まんまと騙されたふりをすれば、脱原発に向かうことで、地域経済の活性化につながるのであれば、人口や産業を幾らでも地方に流出させ、幾らでも電力需要の大幅な削減に繋げてあげますので、余った電力については、どうぞ他の地域の皆様に廻してください、ということで、自ら誇りを持って、身を縮め、誇りを持って「花の東京デトロイト化」を促進させることで、幾らでもひっそりと静まり返った首都にしてしまうことで、2020年のオリンピックについては、地味で質素ながらも、全人類の喜劇として、共に分かち合うことが出来る様な「おもてなし」ということで、誇りを持って盛大に開催を成功させ、原発の無い社会を実現させ、被災地の復興にも繋がり、日本経済なんかどうなろうと関係ないし、むしろ幾らでも衰退したところで、心豊かな尊い志というものを、誇りを持って正しいメッセージとして発信して行く機会に繋げて行けば良いだけのことでは無いでしょうか。
これに対して、安倍首相をはじめとする自民党ならびに大企業、日本政府には、幾らでも誇りを持って、涙を流しながら深く感謝して頂くことで、自らが掘った墓穴の中に、こうした右翼連中だけを道連れにつて、奈落の底に墜ちて頂くことで、幾らでも深い悲しみを分かち合いながら、そっと静かに、くたばっていくのを、見届けて上げる様にして行けば良いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58958040

この記事へのトラックバック一覧です: 石破氏「名護に5百億円基金」 市長選応援でアピール:

« 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 | トップページ | 復興の知恵 次世代に 阪神大震災19年 犠牲者に祈り »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30