« 辺野古移設、名護市長の妨害に備え特命担当 政府、代執行、訴訟など対処方針 | トップページ | 武力攻撃に至らない侵害にも自衛権行使を »

2014/01/22

「親との同居」が急増するイギリスの若者(グラフ)

 児美川さんがFBで紹介していた。なかなか興味のあるデータ。

「親との同居」が急増するイギリスの若者(グラフ)(SOCIETY)

Oyoungpeople570 イギリスでは現在、親と同居している若者の数が330万人を超えていることが明らかになった。その原因は、若者たちに自立して生活するだけの経済的余裕がないためだと考えられる。
 国家統計局(ONS)の調査によると、親と生活する20歳から34歳までの若者の数は、近年急激に上昇しており、1996年から2013年までの間に66万9000人(25%)増加している。しかも2008年以降、増加のペースはさらに加速している。
 国家統計局のリリースによると、親と同居する若者(20歳から34歳)は1996年には21%だったが、現在は26%になっている(20歳から24歳、49%)。18歳から24歳の失業率は現在19%(2013年4月から6月)。…

 コメントには、「イギリスで、ひきこもり問題が浮上しつつある」とか、「イタリア南部の20−30歳だと、44%が自宅にいると・・・」などが続く。吉祥さんが 『親元暮らしという戦略』という本を紹介していた。これってチェックしていなかった。手に入れないとなあ。読まなければいけない本だけが重なっていく。これをどうするのか、困ったもの。

 ところで、経済的な矛盾が拡大し、新自由主義による打開が広がるなかで、若者問題は世界的な課題にいっそうなっている感じ。たぶんレイトモダンというのが、もう一段進んだ感じかな??どうだろう。それでもって、困難な度合いの強い国とか、もともと家族的なしばりで矛盾を覆い隠していた国に、顕著に特徴がでるという感じかな。

 一方で重たいけど、よくよく考えていくべき課題だなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 辺野古移設、名護市長の妨害に備え特命担当 政府、代執行、訴訟など対処方針 | トップページ | 武力攻撃に至らない侵害にも自衛権行使を »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58992704

この記事へのトラックバック一覧です: 「親との同居」が急増するイギリスの若者(グラフ):

« 辺野古移設、名護市長の妨害に備え特命担当 政府、代執行、訴訟など対処方針 | トップページ | 武力攻撃に至らない侵害にも自衛権行使を »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30