« 突然の訃報…… | トップページ | 民研 全国教育研究交流集会 »

2014/01/25

NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」

 いったいNHKはどこにいくのだろうか??

NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」(朝日新聞)

 NHK新会長の籾井(もみい)勝人(かつと)氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求める韓国を疑問視した。従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。尖閣諸島・竹島など領土問題については、国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。
 放送法はNHKを含めた放送事業者に「政治的公平性」を義務づけている。NHKの会長がこのような発言をするのは極めて異例。
 籾井氏は従軍慰安婦問題について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。「なぜオランダにまだ飾り窓があるんですか」とも述べた。飾り窓はオランダなどにある売春街を指す。
 さらに「会長の職はさておき」とした上で、韓国についても「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っている。しかしすべて日韓条約で解決している。なぜ蒸し返されるんですか。おかしいでしょう」と述べた。その後、記者から会長会見の場であることを指摘されると、発言を「全部取り消します」と話した。
 籾井氏は三井物産副社長などを経て、資本関係のある日本ユニシスで社長を務めた。昨年12月の会見では自らについて「語彙(ごい)が不足している」と話していた。

 NHK籾井会長会見の主なやりとりhここ。

 安倍さんのお友だちを集めた経営委員の選考だけどもおどろきだかけど、その経営委員が決めた会長人事も異例だったと思う。その会長がこんなとんでもない発言をするのだから。
 政府の公式の発言は変えることができずにいる安倍さん。公式には歴史問題はよこにおき(横においているわけではないよなあ実際は)、経済を優先しながら、強い国家づくりを着々とすすめる。しかし、こういう方法で、ナショナルなタカ派的な言説を広めるのだから。全体としては、ナショナルな気分の結集をはかろうというのか??

 そもそも、世界的にも、あの時代は、売春の禁止がすすんでいたし、少なくとも公的に、組織的に、「慰安婦」のような制度をすすめていたのは、日本とナチスドイツだけだ。そんなことは歴史の常識でもある。NHKも世界からのわらいものになっていく。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 突然の訃報…… | トップページ | 民研 全国教育研究交流集会 »

メディア」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59009923

この記事へのトラックバック一覧です: NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」:

« 突然の訃報…… | トップページ | 民研 全国教育研究交流集会 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31