« 「女は家で育児が合理的」 NHK経営委員コラムに波紋 | トップページ | 教委制度見直し本格化 政治主導狙い、権限を首長に »

2014/01/28

みんな代表首相に急接近 秘密法、改憲…与党同調の恐れ

 いよいよ、国会論戦がはじまったけど、のっけから盛りあがらない。その理由は…。

みんな代表首相に急接近 秘密法、改憲…与党同調の恐れ(東京新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表が、「責任野党」を求める安倍晋三首相に急接近している。2人は政策協議を進めることで一致。渡辺氏は自らの政策を実現するには政権への協力が不可欠との立場だが、政府・与党側の主張を受け入れるだけで終われば、野党としての存在意義を失う恐れがある。

 首相は二十四日の施政方針演説で「責任野党とは柔軟かつ真摯(しんし)に政策協議を行っていく」と表明。その日のうちに、渡辺氏に直接電話して政策協議を呼び掛け、渡辺氏も快諾した。渡辺氏は「外部からのてこの力」で、自らが掲げる政策を政府に実現させるという。
 渡辺氏は自民党当時、第一次安倍内閣で閣僚を務めており、外交・安全保障や規制改革などの政策で首相ともともと考えが近い。第二次安倍内閣発足後は「政党の目的は政策実現だ」として、野党ながらも政策によっては政府への協力を惜しまない考えを示した。
 その一端が現れたのは昨年秋の臨時国会。国民の知る権利を侵害する恐れのある特定秘密保護法をめぐり、渡辺氏自ら首相と会談し修正協議入りを決定。党として法案修正で合意したが党内反発は大きく、江田憲司前幹事長ら十四人が党を離れた。
 これにより、みんなの党の所属議員は三十五人から二十一人に激減。渡辺氏は、首相との近さをアピールすることで存在感を示そうとしている。
 首相が目指す集団的自衛権の行使容認をめぐる憲法解釈の変更をめぐっても、連立政権を組む公明党が慎重である一方、渡辺氏は容認する方向で党内の論議を進めている。…

 みんなと、維新はみごとなぐらいに与党にすりよる。もともと出自は与党にいた人だからさもありなんだけど、与党と協力して、実績という果実をとることを競う。ここに野党再編もかかわるから、民主党がそこに追随する。これが、中間的な野党の状況か。
 彼らは、「すり寄りではない」と弁解するが、結局、国民からは批判が高まり、党内矛盾も拡大して、その存在意義を失うだけだよ。
 自民党への対抗軸をしっかりもった野党が、国民といっしょに自民党を包囲するような世論をつくっていくしかないわけだけど。自民党のやることに批判的な世論は小さくはない。問題はその次の政治的な認識のレベルか。そのためにもいっしょに声をあげるような状況が大事なんだろうけど。ここを深めないとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「女は家で育児が合理的」 NHK経営委員コラムに波紋 | トップページ | 教委制度見直し本格化 政治主導狙い、権限を首長に »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59028091

この記事へのトラックバック一覧です: みんな代表首相に急接近 秘密法、改憲…与党同調の恐れ:

« 「女は家で育児が合理的」 NHK経営委員コラムに波紋 | トップページ | 教委制度見直し本格化 政治主導狙い、権限を首長に »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30