« NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」 | トップページ | 新しい高校教育をつくる 高校生のためにできること »

2014/01/30

新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大

 今日は、朝からこのニュースでもちきり。

新万能細胞、海外研究者から賛辞 「革命的だ」(共同通信)

 体のさまざまな細胞になる新たな万能細胞「STAP細胞」開発の成果が30日付の英科学誌ネイチャーに発表され、海外の研究者からは「革命的だ」「また日本人科学者が成果」と称賛する声が上がった。
 STAP細胞は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが作製。英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのクリス・メイソン教授は「山中伸弥氏は四つの遺伝子で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ったが、STAP細胞は一時的に酸性溶液に浸して培養するだけ。どれだけ簡単になるんだ」と驚きのコメントをネイチャーに寄せた。

 小保方さんはすっかりときの人。ネットでも、美しすぎる理系女子と話題だよなあ。それはそうと、いまどきの若造は、だとか、女のくせに、というのを吹っ飛ばすような快挙は気持ちがいいなあ。

 だけど、夕方のニュースは別の意味でおどろく。

新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大(読売新聞)

 細胞に強い刺激を与えただけで作製できる新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の開発に理化学研究所と共にかかわった米ハーバード大の研究チームが、脊髄損傷で下半身が不自由になったサルを治療する実験を進めていることを30日明らかにした。
 研究チームの同大医学部・小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったという。
 現在、データを整理して学術論文にまとめている段階だという。研究チームは、人間の赤ちゃんの皮膚からSTAP細胞を作る実験にも着手。得られた細胞の能力はまだ確認中だが、形や色はマウスから得たSTAP細胞によく似ているという。

 もちろん一方で、この分野の実用化は期待もある、その半面倫理的な問題もあるけど、それ以前に、STAP細胞はまだまだわからないことが多いものだと思うだけど、それがこの段階の実験。共同研究の相手だった、ハーバードがこれだったら、研究が発表されたあとは、すごい競争になるんだろうなあ。どんな議論や検討があるのかはよくしらないけど、これが学問研究のグローバル化というものの様相だというののなら、あまりにも脆いもので、危険な感じがするのだけど。よくよく考えたい感じもするなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」 | トップページ | 新しい高校教育をつくる 高校生のためにできること »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59038980

この記事へのトラックバック一覧です: 新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大:

« NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」 | トップページ | 新しい高校教育をつくる 高校生のためにできること »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31