« 自衛隊司令部に国民監視部署 情報保全隊と連携 秘密保護法の身辺調査に関与 | トップページ | 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 »

2014/01/16

東電再建 税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働

 しかし、ひどいというか、もう異常というか。

東電再建 税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働(東京新聞)

 茂木敏充(もてぎとしみつ)経済産業相は十五日、東京電力の新たな総合特別事業計画(再建計画)を認定した。福島第一原発事故に伴う除染関連費を国費で賄うなど東電の負担を軽くした上で、柏崎刈羽原発(新潟県)を七月から再稼働、利益を出し被災者への賠償資金を工面するとの内容。東電の経営陣や株主らの責任は問わず、なし崩し的に税金を投入する計画への批判が高まりそうだ。 
 計画では、政府が原子力損害賠償支援機構を通じて貸し付けるお金の上限を現在の五兆円から九兆円へ拡大。東電は返済に二〇一二年に値上げした電気料金などを充てる。さらに除染の際に出る残土を一時的に保管する中間貯蔵施設の整備を急ぐため、国が建設・運営費に一兆一千億円を負担。除染費用の一部の二兆五千億円を、政府が保有する東電株の売却で賄うことも明記した。これらにより東電の負担は軽減される。
 柏崎刈羽原発の1、5、6、7号機を稼働し高コストの火力発電を減らす方針も示した。しかし東京都知事選で「脱原発」の争点化が予想される上、新潟県の泉田裕彦(いずみだひろひこ)知事も再稼働には慎重で、経営の再建が計画通りに進むかは微妙。一方で、計画には柏崎刈羽原発の稼働が遅れた場合、今年秋にも家庭と法人向けを合わせ平均で最大10%の電気料金値上げが必要になるとも明記した。
 このほか予想を上回るコスト削減を達成した場合は、利益の一部を社員の年収アップにつなげる仕組みを導入することも盛り込んだ。福島第一原発事故前に六百五十三万円だった社員の平均年収は管理職で30%、一般職員で20%カットしているが、一六年度には全社員の年収を5%カットの水準に戻す青写真を描く。
 政府は原子力損害賠償支援機構を通じて一二年に一兆円の公的資金を投入し東電株を取得。今回の計画では株価が上がった場合、政府は保有する東電株を順次売却。議決権比率を現在の50・1%から段階的に下げ、経営の自由度を高める方針も盛り込んだ。

 だいたい、この計画なるものに、現実にフクイチで続いている汚染水問題の対策のための費用がどこまで盛り込まれているのか。東電存続、黒字化が先になって、そこから計画がつくられていくというまったくの机上の計画。賠償も除染も、低く見積もられ、おまけに、再稼働が前提となり、つじつま合わせに、値上げで脅す。こんなことって、どうして許されるのか。驚きであり、正直、狂気の沙汰としか思えない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自衛隊司令部に国民監視部署 情報保全隊と連携 秘密保護法の身辺調査に関与 | トップページ | 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58955320

この記事へのトラックバック一覧です: 東電再建 税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働:

« 自衛隊司令部に国民監視部署 情報保全隊と連携 秘密保護法の身辺調査に関与 | トップページ | 元慰安婦証言、「世界遺産」申請へ 韓国政府が方針 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31