« 家庭的仕事の1日 | トップページ | 再除染費わずか78億円 政府、範囲や手法示さず »

2014/01/14

名護市長選挙:稲嶺氏先行 追う末松氏

1609773_209198655939609_266019044_n 写真は、岸本さんのFBから拝借。許してね。沖縄二紙が選挙戦序盤の情勢を分析。

名護市長選挙:稲嶺氏先行 追う末松氏(沖縄タイムス)

 19日投開票の名護市長選挙で、沖縄タイムス社は朝日新聞社、琉球朝日放送(QAB)と共同で12、13の両日、市内の有権者を対象に電話調査を行い、取材で得た情報を合わせて情勢を探った。2期目を目指す現職の稲嶺進氏(68)=無所属、社民、共産、社大、生活推薦=が先行し、前県議で新人の末松文信氏(65)=無所属、自民推薦=が激しく追っている。
 ただ、現時点で3割近くが投票行動を明らかにしておらず、投票率の動向や終盤の運動が情勢を左右しそうだ。
 投票態度を明らかにした人を分析すると、稲嶺氏は推薦を受けた共産、社民、社大の各党の支持層を固めたほか、無党派層の8割の支持を集めている。自主投票を決めた民主党の支持層の大半もまとめた。
 一方、末松氏は自民支持層の8割の支持を固めている。ただ、無党派の支持は広がっていない。党県本部が移設反対を掲げ、自主投票となった公明の支持層には、半数程度に浸透している。
 情勢調査と同時に実施した世論調査では、争点となっている米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設は、反対が64%で賛成の19%を大きく上回った。
 市長選挙で投票する人を決める時、何を最も重視するか四つの選択肢で聞いたところ、「移設問題」が56%、次いで「地域振興策」の23%だった。
 仲井真弘多知事を「支持しない」と答えた人が51%と半数を超え、「支持する」は24%だった。
 仲井真知事が政府の辺野古埋め立て申請を承認する前の12月中旬に実施した県民世論調査では、支持率が57%(不支持14%)だったが、それと比べると33ポイント急落した。
 市長選挙に「必ず行く」と答えた人は85%で、「できれば行きたい」が12%だった。

稲嶺氏先行、末松氏追う 名護市長選で世論調査(琉球新報)

19日に投開票される名護市長選を前に、琉球新報社と沖縄テレビ放送は11、12の両日、名護市の有権者を対象に合同で世論調査を実施した。その結果に本社の取材を加味して情勢を分析すると、無所属現職の稲嶺進氏(68)=社民、共産、社大、生活推薦=が先行し、無所属新人で前県議の末松文信氏(65)=自民推薦=が追う展開となっている。回答者の93・3%が選挙に関心があると答え、56・7%が投票の際に基地問題を重視すると答えており、辺野古移設の是非を最大の争点とする今回選挙への市民の注目の高さがうかがわれる。
 投票する人を「まだ決めていない」と回答したのは15・9%いて、終盤戦にかけて浮動票の取り込みなど無党派対策も重要となり、予断を許さない状況だ。
 最大争点となる辺野古移設に関しては「沖縄以外の国内に移設すべきだ」(21・2%)、「国外に移設すべきだ」(25・9%)を合わせて県外・国外を求める回答者が半数近くに上る。無条件閉鎖・撤去(31・8%)などを含め、辺野古以外の選択肢が計83・7%を占め、「辺野古に移設すべきだ」とする回答者は9・0%にとどまった。
 市長選に対し、65・9%が「大いに関心がある」と回答。名護市民の審判が移設問題の行方を左右することから、注目度の高さを反映している。投票先を選ぶのに最も重視することは「普天間飛行場の移設などの基地問題」が56・7%と「経済・雇用」18・6%などを引き離した。
 普天間飛行場移設に向けた政府の辺野古埋め立て申請を承認した仲井真弘多知事の判断に対しては「支持しない」「どちらかといえば支持しない」が計65・4%と批判的に見ている。知事判断を支持する回答者は計27・8%だった。

 民意ははっきりしている。だけど、選挙はわからない。やつらは、状況を変えるために、あらゆる手をつかってきている。そういうことに抗することができ、この民意を選挙の結果として示すことが何よりも大事なのだ。
 同時に、さまざまな揺さぶりをかける。自民党の石破茂幹事長が「基地の場所は政府が決める」と発言したし、この発言への批判の最中に、菅義偉官房長官は14日の記者会見で、名護市長選の結果に左右されることなく、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を推進していく考えを示したという。「昨年末、沖縄県知事が辺野古埋め立てを承認し、そこは決定している」とまで述べている。
 まさに命運をかけたたたかいがいよいよ終盤戦に向かっていくのだ。連帯の思いを強くする。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 家庭的仕事の1日 | トップページ | 再除染費わずか78億円 政府、範囲や手法示さず »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

名護市の有権者の皆様には、中国をはじめとする全人類と共に、どうぞ誇りを持って、まんまと騙されたふりをして、安倍自民党なんか裏切って、稲嶺市長に投票して、辺野古の貴重な自然環境を破壊することもなく、普天間基地の海兵隊については、グアムやサイパン、オーストラリアなどに持っていかれるのであれば、どうぞご自由に、ということで構わないのだし、この代償として、普天間基地の跡地については、国際赤十字と共に、病院や診療所、あるいは、高齢者のための老人介護施設や障害者のためのリハビリテーション施設や自立支援施設などの拠点にしたり、あるいは、太陽光発電や風力発電などの、再生可能な自然エネルギー分野での研究開発拠点にでもして頂ければ、沖縄県民の皆様にとって何よりのことですし、中国にとっても何よりのことですし、アメリカにとっても何よりのことですし、日本の将来にとっても、此れ程素晴らしいことはございませんので、この代償として、どうぞ誇りを持って、全人類と共に、安倍自民党なんか、幾らでも馬鹿にして、日本政府なんかどうなろうと関係ないし、日本の大企業にしてもどうなろうと関係ございませんので、幾らでも誇りを持って、涙を流しながら、深く反省させ、幾らでも辱められることになろうと、今度は、福島県民の皆様に、アメリカの言いなりとなって、中曽根大震災の尻拭いをやらせて、幾らでもご奉仕して下さい、ということで揺さぶって下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで、誇りを持って応えてあげましょう。

ちなみに東京都知事選挙については、今度は、小泉元首相を石原慎太郎と共に、まんまと騙されたふりをして、安倍自民党を引き裂き、日本維新の会を引き裂き、日本の右翼を引き裂き、原発推進派を引き裂き、日本政府を引き裂き、日本の1%の金と権力の亡者を引き裂き、脱原発に向かうための「逆転の罠」として利用することで、日本経済なんかどうなろうと関係ないし、経済成長を喪失させ、国際社会の中での地位や名誉を喪失させ、誇りを持って弱体化させ、誇りを持って一人負けをして、誇りを持って、靖国神社を天皇陛下と共に、そっと静かに暖かくも守ってあげながら、幾らでもひっそりと鎮め込ませてしまうことで、大切に存続させてあげる様にして行くことで、戦前の日本だけを、そっと静かに葬り捨ててしまうことで、この見返りとして、憲法9条を保持する日本国民に対して、ノーベル平和賞のお墨付きを、全人類からのご褒美として、深く感謝しながら、この喜びを、沖縄県民の皆様や福島県民の皆様のみならず、日本の99%の非富裕層ならびにアメリカの99%の非富裕層、そして、中国や韓国、ロシア、ASEAN諸国にとどまることなく、全人類と共に、この喜びを、誇りを持って分かち合うことが出来る様にすることで、日本の運命を大きく変えて行くために、細川元首相もしくは宇都宮健児候補のいずれかに、投票してあげることで、舛添候補と田母神候補には、誇りを持って無視をして、自民党の安部首相をはじめ、日本維新の会と共に、幾らでも泣き崩して、敗北の責任を取らせて、さっさとアベノミクスを破綻させ、自民党や日本維新の会を支持する、ネトウヨをはじめとする好戦的平和ボケに陥って邪魔をしているだけの日本政府ならびに右翼の皆様だけを道連れにして、安倍首相が自ら掘った墓穴の中に、さっさと墜ちて頂き、この中で、そっと静かにくたばっていくのを、見届けて上げる様にして参りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58945381

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選挙:稲嶺氏先行 追う末松氏:

« 家庭的仕事の1日 | トップページ | 再除染費わずか78億円 政府、範囲や手法示さず »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30