« 海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く | トップページ | 仲井真知事への辞任要求決議全文と沖縄2紙の社説 »

2014/01/11

護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で

 おいおい。

護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で(時事通信)

 海上自衛隊が護衛艦に発着できる飛行機の配備を検討していることが11日、分かった。発着に必要な設備も併せて研究する方針で、導入されれば海自初の艦載型固定翼機となる。
 憲法で禁止された「空母」に当たる恐れがあることから、これまで護衛艦では固定翼機は運用してこなかったが、将来的に研究が進めば、戦闘機が発着艦する空母の保有につながる可能性もある。
 新たに配備される固定翼機は、艦載型の無人偵察機。中国が近年、東シナ海で存在感を高めていることから自衛隊は警戒監視能力の強化を急いでおり、海自は2014年度予算案に調査研究費約200万円を盛り込んだ。今後5年間で19機を上限に購入する見通しで、機種は、米海軍や海兵隊が配備を進めている無人小型偵察機「RQ21」などを検討している。
 RQ21は圧縮空気を利用した発射機を使って上空に発射し、飛行ルートなどを艦上から遠隔操作する。必要に応じてレーダーなどを追加で搭載でき、約24時間の連続飛行が可能。活動終了後は艦上に広げたフックで機体を捕まえる仕組みで、ヘリコプター搭載護衛艦での運用を想定している。

 艦自体が大型化し、しかも、平らな甲板という空母の形態をもち。そして、ついに固定翼機をのけると。少しずつ、少しずつ、自衛の範囲という自らのつくった憲法解釈の枠を意識しながら、いい訳を考えながら、その範囲を広げ、完全なる突破をめざす。とっても重大な局面であることは間違いない。しっかり監視して、批判していかないと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く | トップページ | 仲井真知事への辞任要求決議全文と沖縄2紙の社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58925060

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で:

« 海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く | トップページ | 仲井真知事への辞任要求決議全文と沖縄2紙の社説 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31