« 仲井真知事辞任の決議可決 沖縄県議会初、野党 | トップページ | 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で »

2014/01/11

海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く

 これはゾッとするなあ。ほんとうは何がおこっているのだろう。

海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く(福島民友)

 東京電力福島第1原発の海側にある観測用井戸の水から高濃度の放射性物質が検出されている問題で、東電は10日、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の濃度がさらに上昇し、過去最高値の1リットル当たり220万ベクレル検出したと発表した。
 井戸は2号機の東側にあり、海までの距離は約40メートル。水は9日に採取した。昨年12月30日採取分の210万ベクレルを上回り、依然として上昇傾向が続いている。
 この井戸の近くには、2011(平成23)年3月の事故直後に極めて高い濃度の汚染水が漏れた電源ケーブル用の地下道(トレンチ)があり、汚染が地中で拡散しているとみられる。

 とにかくすごい数字だ。異常な事態であることは、間違いない。だけど、その原因も、いまだ推測のままだし、こうした地下水の問題に、どう対処していくのかという点でも、全然すすんでいない。もっと、それこそ英知をあつめたとりくみが必要なはずではないのか? しかし、変わらないなあ。なのに、なのに、政府の対応は、避難地域の指定の変更をすすめ、賠償も中途半端におさえていく。ゾッとすると同時に、怒りや憤りも感じるのだ。ひどいなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 仲井真知事辞任の決議可決 沖縄県議会初、野党 | トップページ | 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58923357

この記事へのトラックバック一覧です: 海側井戸で220万ベクレル検出 第1原発、上昇傾向続く:

« 仲井真知事辞任の決議可決 沖縄県議会初、野党 | トップページ | 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31