« 東電工事、なお高値発注 実際の2~5倍も 料金上乗せ | トップページ | 普天間移設:稲嶺氏「市長権限使い辺野古阻止」 »

2014/01/09

2014年正月 ソウル最終日

Dscn0296_2Dscn0298Dscn0299Dscn0300 3日めは、まず搭乗手続きと出国審査を都市空港ターミナルで済ませて荷物を預けたあと南山公園へ。安重根義士記念館。ここも展示がまったく新しくなっているという。あるていど知っているつもりだったけど、彼がどんな育ちで、どんな思想をもち、どのような運動をしてきたのか。その厚みに驚かされる。それがまた、かれがこの国で英雄たる所以なのだと思う。そんなことは日本では何も知られていない。しっかり見学して学んだ。

1524821_638847329509349_907070052_n1507671_638847306176018_317886794_n そしてソウル最後の昼食は、明洞のイェジ粉食にて、スンドゥプチゲ。食べたかった。おいしかった。明洞はコスメいっしょくだねえ。

 植民地支配の歴史をあつかったところの展示は、総じて、抑えられているという印象はある。だけど、歴史の実証研究がさすがにすすんでいて、その厚みがすごいと思った。と同時に、その厚みのなかに、国家的意思というか、民族的な意思の強さも感じた。いまの政治はそのことをよくわかっていない。
 市場なども含め、いろいろ歩いて、バスや地下鉄にもいっぱいのって、ソウルの街もそれなりにみることができた。宿はレジデンスだったので安かったし。物価は、日本とかわらなかったり、安いものもあったり。交通機関は安いねえ。タクシーが安い。これは労働者はたいへんだろうなあ。
 わずか3日間の旅行なのに、ほんとうに濃い旅行になったのは、コーデネートしてくれた友人のおかげ。もつべきものは友だちです。いっぱい学び、いっぱい考え、おいしいものも食べた充実した3日間でしたあああ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東電工事、なお高値発注 実際の2~5倍も 料金上乗せ | トップページ | 普天間移設:稲嶺氏「市長権限使い辺野古阻止」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58915503

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年正月 ソウル最終日:

« 東電工事、なお高値発注 実際の2~5倍も 料金上乗せ | トップページ | 普天間移設:稲嶺氏「市長権限使い辺野古阻止」 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31