« 内閣支持率5割割る 秘密保護法成立「良くない」66・2% | トップページ | 恋 »

2013/12/16

陽のあたる家~生活保護に支えられて~

10287 話題の漫画が単行本になったので、さっそく買ってきて、読んだ。
 テーマは、生活保護。突然に生活困難におちいる物語は、ある意味でリアル。
 もちろん、漫画だから、限界がある。困難は実際には複合的。だけど、ここではがんばる人しか描かれない。
 だけど、それでも、すっぽりと穴におちていく様がえがかれ、そこにはられたセフティネットの現状。
 単行本のあとがきにこうある。
「本書出版準備中の2013年11月現在、
臨時国会で『生活保護法改正案』等が
可決の見通しとなっています。
これにより、67~68ページのケースでは
『就労指導の強化』『扶養義務の強化』によって
生活保護の申請が困難になる可能性があります。
しかし、政府は「これまでの運用を変えない」と
答弁しているので、あきらめる必要がありません」
 現実をリアルに見た場合、正直、まだまだ理解は広がっていない。
 運動はまだ少数者だ。
 少しでも、すそのが広がればいいな。社会の合意が広がればいいな。
 それに、この本が役立ってくれたらいいなって思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 内閣支持率5割割る 秘密保護法成立「良くない」66・2% | トップページ | 恋 »

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

生活保護受給者を、アメリカにおけるフードスタンプ受給者に置き換えれば、フードスタンプを貰っておきながら、それで酒を購入したり、現金に変えたりしているなんていうことばかりを報道するアメリカ共和党系マスコミを、日本政府あるいは自民党に置き換えれば、まさかオバマ大統領が、フードスタンプ受給者に対して、これと同じことでも仕出かせば、イギリスを日本に置き換えれば、フランスやドイツを韓国あるいは中国に置き換えれば、それこそ中国がドイツの真似をすれば、幾らでも騙されたふりをして、アメリカに対しては、アメリカ国債を購入する見返りとして、この全てを、どうぞこうしたフードスタンプ受給者の皆様に廻してあげて下さい、ということくらいのことは十分に考えられるし、ましてや、この事実を隠しておきながら、騙されたふりをして、貰えるものは貰っておこうなんて生活保護不正受給者あるいはフードスタンプ不正受給者の真似でもするなんてことだけでも、これがASEAN諸国をはじめ、発展途上国ならばともかくとして、経済大国でもあるアメリカが、これと同じことをしているなんて聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんが、これに対しても、目を瞑っておきながら、生活保護について、こんなことをしているとは、これも、安倍首相も使い物にならない間抜け総理に他ならないし、日本という国は、アメリカの言いなりになるだけの、それもアメリカの1%の金と権力の亡者の言いなりになるだけの間抜け国家に他ならないという真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実にたどり着くだけでも、もう怒りなんていうものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんが、同時に、こうした生活保護に限らず、これが中曽根大震災による被害を被った福島県民の皆様や、アメリカの言いなりと言っておきながら、結局のところは使い物にならない間抜け官僚の権力欲のために苦痛を伴っている沖縄県民の皆様とも、本質的に変わりないという真実に辿りつけば、もう此れ程悲しいことはございませんね。
ましてや、これが戦前の日本に置き換えれば、戦場で使い物にならない間抜け兵士の性奴隷として、好き勝手に弄ばれた従軍慰安婦問題の真実をはじめ、満州で取り残された開拓民に置き換えれば、これが中国残留日本人孤児の問題繋がったり、こうした開拓民を取り残しておきながら、自分たちだけが、さっさと日本に逃げ帰って来た連中をこうした使い物にならない間抜け官僚に置き換えれば、これが核武装計画書の真実に繋がることを裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実を見破れば、これはもうアメリカの99%のみならず、中国や韓国、北朝鮮をはじめ、日本なんか、幾らでも世界中から馬鹿にされても当然のことだし、全体主義と個人主義との実存的対立どころか、物凄い笑い話にしかならないし、物凄い断絶どころではなく、一切相手にしたくも無いし、議論なんかしたくも無いし、幾らでも無視されて、目と耳を塞ぎ、孤立化させられて、最後には自滅して日本を滅ぼすことになったとしても。、これもまた日本人が自ら選択した運命に他ならないし、日本人としての構造的欠陥というものが根本的要因でもある以上、民族的重大な欠陥でもあり、歴史的な宿命に他ならないという真実を見破れば、もう此れ程悲しいことはございませんね。
だが、これを克服することで、再発防止に繋がり、日本の運命を大きく変えて行くことができるのだとすれば、全体主義と個人主義との実存的対立というものは避けては通れない以上、偏狭なナショナリズムに陥った全体主義こそが、全人類の大敵でもあり、戦前の日本というのは、大日本間抜け帝国に他ならないという真実を見破れば、幾らでも厳しく断罪し、誇りを持って、天皇陛下とは根本的に断絶させた上で、自己破壊させ、そっと静かに葬り捨ててしまうことで、こんなものを取り戻そうとしている自民党や公明党ならびにこれを支持する保守右翼ならびに1%の金と権力の亡者については、この代償として、物凄い痛みを分かち合い、物凄い苦しみを分かち合い、生きていけなくなったとしても当然のことだし、幾らでも屈辱を味わい、生き恥を晒して、深い悲しみを分かち合い、幾らでも涙を流しながら泣き寝入りさせ、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らすことが出来る様にしてあげることで、そっと静かに突き放す様にして、これを乗り越えて行く様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58768708

この記事へのトラックバック一覧です: 陽のあたる家~生活保護に支えられて~:

« 内閣支持率5割割る 秘密保護法成立「良くない」66・2% | トップページ | 恋 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30