« 心と体を救う トラウマ治療最前線 | トップページ | オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 »

2013/12/11

石破氏、報道機関の処罰に言及 直ちに撤回

 国民世論は大きく高まったけど、自民党のおごりぶりには、いったいどうなっているのかという気がする。

石破氏、報道機関の処罰に言及 直ちに撤回(共同通信)

 自民党の石破茂幹事長は11日、日本記者クラブで記者会見し、特定秘密保護法で指定された秘密情報を報道機関が報じた場合の法的規制をめぐり「国の安全が極めて危機にひんするのであれば、常識的に考えた場合、その行為は何らかの方向で抑制されることになる」と述べた。報道した場合に処罰されると受け取られかねない発言だ。
 会見後、石破氏は自身の発言について「訂正する。報道行為は処罰対象にはならない」と党本部で記者団に述べ、撤回した。

 石破さんだけではないんだもん。礒崎さんはこんなことも言っている。

「マスコミ報道に問題」=支持率低下で礒崎補佐官(時事通信)

 礒崎陽輔首相補佐官は11日のTBSラジオで、特定秘密保護法の成立後、各種世論調査で安倍内閣の支持率が低下していることについて「マスコミの報道に問題がある。非常に不正確なことが伝わったのではないか」と述べ、同法の内容や与党の国会運営への懸念を報じたメディアに責任を転嫁した。
 同法では、特定秘密の範囲が行政に拡大解釈される恐れが指摘されているが、礒崎氏は「皆さんが勝手な解釈を言っているだけ。悪い役人は出てこない」と持論を展開し、懸念を否定した。一方、情報公開の在り方に関しては、「次の(通常)国会でぜひ情報公開法の議論はしたい」と語った。

 たぶん、自民党には国民の声は聞けなくなっているんだろうな。近くによってくる人以外は。それが小選挙区制だとか、政党助成金という制度がつくりだした政治ってことなんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 心と体を救う トラウマ治療最前線 | トップページ | オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

本質的には、積極的平和主義と言っておきながら、実際のところは単なる好戦的平和ボケ主義に他ならないという真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実が、国民に見破られるだけのことならばともかくとしても、結局のところは、外務省が作り上げた核武装計画書の事実がアメリカにばれてしまうことによって、アメリカから梯子を外され、中国や韓国からすれば、戦前の日本が仕出かした従軍慰安婦問題をはじめとする前科があることを裏付ける動かぬ証拠として、騙されたふりをして揺さぶられて、自分たちの地位や面子が潰されてしまうことで生きていけなくなるのではないかという不安や恐怖に怯えて、自分たちも幸せに暮らせれば、ただ自民党を支持してくれるだけの使い物にならない間抜け連中とだけで幸せに暮らせれば、それで良いのだし、こうした主観的価値観と相容れない価値観を持つ国や人たちとは、コミュニケーションを取る意欲もなければ、意思もないし、心を寄せる余裕もゆとりもないという思いから、自らの目と耳を塞ぎ、口を塞ぎ、悪あがきをしているに過ぎないという真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実を見破れば、これを乗り越えたまともな日本人からすれば、もう怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、中国ならびに韓国の反日活動家と本質的には同じ穴の狢に過ぎないし、北朝鮮の金王朝と本質的に同じ穴の狢に過ぎないという真実を見破れば、アメリカのオバマ大統領からすれば、安倍首相なんか馬鹿にされても当然のことだし、こんな幼稚で身勝手極まりない、子供じみた連中なんか相手にしたくはないのは、中国の習近平国家主席からしても、本質的にはまあったく変わりないことでしかないと思うと、ドイツを中国に置き換えれば、これがイギリスが中国に擦り寄って来るならば、幾らでも騙されたふりをして、とりあえずは利用できるところは幾らでも利用しようとしているに過ぎないというところは、イスラエルを韓国にでも置き換えれば、シリアやイランを北朝鮮に置き換えれば、トルコやサウジアラビアを日本の立場に置き換えれば、安倍首相が日本の原発をトルコに輸出しようとしているのと本質的に同じことでしかないと見破れば、それこそ、これを「逆転の罠」として利用するならば、日本が中国を見習って上手く騙されたふりをすることで、トルコには、まんまと騙されたふりをさせてあげることで、「どうぞ日本をイギリスに置き換えて利用するのであれば、この代償として、2020年のオリンピック、パラリンピックを返上するならば、イスタンブールに譲ってあげますので、この節には、2024年以降、将来的に東京以外の、福島県をはじめとする東北地方もしくは、沖縄県や九州地方等の地方都市でオリンピックを開催することがありました際には、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで、利用させてあげることで、今度はアメリカを戦前の日本に置き換えるならば、日本がドイツやトルコと共に、中国を見習って、アメリカに対して反面教師になってあげるならば、今度は、韓国ならびに北朝鮮には、がフランスやロシア、イスラエルやシリア、イラン等と共に、イギリスに対して反面教師になってあげるならば、それこそアメリカに対して、上手く騙されたふりをして、対米従属からそっと静かに離れて行く見返りとして、中国が、アヘン戦争の代償として、騙されたふりをして、イギリスを朝鮮王朝の二の舞となってコケにして没落させられることになることに備えて、日英同盟というものを復活させることで、今度は日本がイギリスを見習って、名誉ある孤立化をして、誇りを持ってひっそりと没落させ、そっと静かにいないふりをすることで、アメリカと共に、幾らでも日本経済を衰退させ、円をドルと無理心中させることもなく、日本の99%の利益に繋がると同時に、アメリカの99%の皆様の利益にもかない、イギリスの99%の皆様の利益にも叶うばかりでなく、中国やロシア、韓国、北朝鮮をはじめ、シリアやイラン、イスラエルやサウジアラビアをはじめ、全ての国々が、損することもなく、むしろお互いの利益に叶うことが出来て、これが行き着く先は、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る尊い志を持った、素晴らしい同盟関係の再構築に繋げて行くことで、「さらば暴政」、「さらば原発」ということに向かう様にして行けば、此れ程素晴らしいことはございませんし、何も言うことはございませんよね。

本質的には、積極的平和主義と言っておきながら、実際のところは単なる好戦的平和ボケ主義に他ならないという真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実が、国民に見破られるだけのことならばともかくとしても、結局のところは、外務省が作り上げた核武装計画書の事実がアメリカにばれてしまうことによって、アメリカから梯子を外され、中国や韓国からすれば、戦前の日本が仕出かした従軍慰安婦問題をはじめとする前科があることを裏付ける動かぬ証拠として、騙されたふりをして揺さぶられて、自分たちの地位や面子が潰されてしまうことで生きていけなくなるのではないかという不安や恐怖に怯えて、自分たちも幸せに暮らせれば、ただ自民党を支持してくれるだけの使い物にならない間抜け連中とだけで幸せに暮らせれば、それで良いのだし、こうした主観的価値観と相容れない価値観を持つ国や人たちとは、コミュニケーションを取る意欲もなければ、意思もないし、心を寄せる余裕もゆとりもないという思いから、自らの目と耳を塞ぎ、口を塞ぎ、悪あがきをしているに過ぎないという真実を裏付ける動かぬ証拠に他ならないという真実を見破れば、これを乗り越えたまともな日本人からすれば、もう怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、中国ならびに韓国の反日活動家と本質的には同じ穴の狢に過ぎないし、北朝鮮の金王朝と本質的に同じ穴の狢に過ぎないという真実を見破れば、アメリカのオバマ大統領からすれば、安倍首相なんか馬鹿にされても当然のことだし、こんな幼稚で身勝手極まりない、子供じみた連中なんか相手にしたくはないのは、中国の習近平国家主席からしても、本質的にはまあったく変わりないことでしかないと思うと、ドイツを中国に置き換えれば、これがイギリスが中国に擦り寄って来るならば、幾らでも騙されたふりをして、とりあえずは利用できるところは幾らでも利用しようとしているに過ぎないというところは、イスラエルを韓国にでも置き換えれば、シリアやイランを北朝鮮に置き換えれば、トルコやサウジアラビアを日本の立場に置き換えれば、安倍首相が日本の原発をトルコに輸出しようとしているのと本質的に同じことでしかないと見破れば、それこそ、これを「逆転の罠」として利用するならば、日本が中国を見習って上手く騙されたふりをすることで、トルコには、まんまと騙されたふりをさせてあげることで、「どうぞ日本をイギリスに置き換えて利用するのであれば、この代償として、2020年のオリンピック、パラリンピックを返上するならば、イスタンブールに譲ってあげますので、この節には、2024年以降、将来的に東京以外の、福島県をはじめとする東北地方もしくは、沖縄県や九州地方等の地方都市でオリンピックを開催することがありました際には、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで、利用させてあげることで、今度はアメリカを戦前の日本に置き換えるならば、日本がドイツやトルコと共に、中国を見習って、アメリカに対して反面教師になってあげるならば、今度は、韓国ならびに北朝鮮には、がフランスやロシア、イスラエルやシリア、イラン等と共に、イギリスに対して反面教師になってあげるならば、それこそアメリカに対して、上手く騙されたふりをして、対米従属からそっと静かに離れて行く見返りとして、中国が、アヘン戦争の代償として、騙されたふりをして、イギリスを朝鮮王朝の二の舞となってコケにして没落させられることになることに備えて、日英同盟というものを復活させることで、今度は日本がイギリスを見習って、名誉ある孤立化をして、誇りを持ってひっそりと没落させ、そっと静かにいないふりをすることで、アメリカと共に、幾らでも日本経済を衰退させ、円をドルと無理心中させることもなく、日本の99%の利益に繋がると同時に、アメリカの99%の皆様の利益にもかない、イギリスの99%の皆様の利益にも叶うばかりでなく、中国やロシア、韓国、北朝鮮をはじめ、シリアやイラン、イスラエルやサウジアラビアをはじめ、全ての国々が、損することもなく、むしろお互いの利益に叶うことが出来て、これが行き着く先は、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る尊い志を持った、素晴らしい同盟関係の再構築に繋げて行くことで、「さらば暴政」、「さらば原発」ということに向かう様にして行けば、此れ程素晴らしいことはございませんし、何も言うことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58740297

この記事へのトラックバック一覧です: 石破氏、報道機関の処罰に言及 直ちに撤回:

« 心と体を救う トラウマ治療最前線 | トップページ | オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31