« オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 | トップページ | 2013年度 新入社員 秋の意識調査 »

2013/12/12

派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念

 なんかもう、クラクラしてきた。いったい日本はどんな国になるの。安倍さんはどんな国にしようとしているのか?

派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念(東京新聞)

 労働者派遣法の見直しを議論する厚生労働省の労働政策審議会部会が十二日開かれ、規制を緩和し、すべての職種で企業が派遣労働者を使い続けることができるようにする骨子案が示された。臨時的、一時的な仕事を担う例外的な働き方と位置付けられてきた派遣労働の「普通の働き方」への転換を意味し、派遣労働の固定化や、労働現場で正社員から派遣労働者への置き換えが進む恐れがある。
 部会は労働者側と使用者側、公益代表の各委員で構成され、骨子案は公益委員案として出された。労働者側委員は反発するが、同省はこの案を基に年内に取りまとめ、年明けの通常国会に改正案を提出する方針。
 現行制度は、通訳や秘書など「専門二十六業務」で無期限の派遣を可能としているが、それ以外では、一つの業務に派遣労働者を従事させられる上限を三年としている。
 骨子案では専門業務の区分を撤廃した上で、どの職種でも原則三年を上限とする。企業がさらに派遣労働者を使用したい場合、労働組合から意見聴取すれば、別の人物に入れ替え、三年ずつ受け入れ延長を繰り返し、実質的に無期限で派遣労働者を使用できる。
 一方、派遣労働者側から見ると、派遣会社と有期契約を結んでいる場合、同じ職場で働ける期間は最長三年になる。派遣会社との間で無期の雇用契約がある場合、派遣期間の上限は設けない。
 また、派遣会社に労働者の雇用安定化を義務付け、三年働いた人については派遣先に直接雇用を依頼するよう求めた。直接雇用にならなかった場合は、別の派遣先の提供や派遣会社での無期雇用とする。労働者側が求めてきた派遣先社員と同等の待遇については、派遣会社の要求で派遣先が労働者の賃金情報を提供することなどにとどまっている。……

 これが労政審部会の報告書案。
 とりあえず日雇い派遣の原則禁止見直しなどは見送られたわけだけど、有識者研究会が八月に出した報告書の精神をそのまま引き継ぐものではないのか。結局、派遣労働を「限定的な働き方」としてきた現行法のたてまえをも覆し、企業があらゆる業務に、派遣労働者を充てることができる。常用雇用の代替への道をひらくものになってしまう。実際、企業は働き手を入れ替えれば、永続的に派遣労働者を使うことができるものになるのだから。「派遣労働者の保護の強化」などはどこにいったのだろうか?
 うーん、ほんとうにクラクラする。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 | トップページ | 2013年度 新入社員 秋の意識調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58744189

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念:

« オスプレイ訓練 沖縄の負担軽減? 防衛省 榛東村に回答 | トップページ | 2013年度 新入社員 秋の意識調査 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30