« 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、 普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書 | トップページ | 秘密保護法案、早ければ5日成立の可能性も »

2013/12/03

日本の学習到達度、全分野で上昇…脱ゆとり成果

 うーん。PISAもくり返されると、だんだんとうさんくさくなるなあ(笑い)。

日本の学習到達度、全分野で上昇…脱ゆとり成果(読売新聞)

 経済協力開発機構(OECD)は3日、65の国・地域の15歳男女計約51万人を対象に行った2012年国際学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。
 日本の平均点は、「読解力」が4位(前回8位)、「科学的応用力」も4位(同5位)、「数学的応用力」は7位(同9位)と、全3分野で前回に続き上昇。大幅に順位を下げた03年、06年調査からの復調傾向を鮮明にした。文部科学省は、「脱ゆとり教育」を掲げた新学習指導要領などの成果と分析している。
 国際比較では、地域として参加した中国・上海が前回に続き、3分野とも圧倒的な点差で1位だった。ほかの上位も香港、シンガポールなどのアジア勢が占めた。毎回上位だったフィンランドは前回より後退した。

 これがOECDの日本の結果についてのペーパー。

結果のポイント
・ 日本の生徒は、数学的リテラシー、読解力、科学的リテラシーにおいて高い平均得点を維持している。読解力においては、さらに 2009 年から 2012 年間に統計的に有意なレベルで向上している。OECD 加盟国において、現在日本は数学的リテラシーで 2 位、読解力と科学的リテラシーで 1 位である。しかし、この結果は標本に基づいているため、統計的に考えられる日本の順位の範囲は、OECD 加盟国中、数学的リテラシーにおいて 2~3 位、読解力において 1~2 位、科学的リテラシーにおいて 1~3 位である。
・ 日本の学校制度は教育機会の観点において平等性が確保されている(例えば、生徒の社会経済的背景と得点との関係性が OECD 平均よりも弱い)、一方で、社会経済的水準の高い学校と低い学校間の得点差は 2003 年以降拡大している。
・ 日本の生徒は、基本的な数学の問題や応用問題を解く自分の能力に対する自信が OECD平均よりも少ないが、2003 年にくらべると、日本の生徒の自信は向上している。
・ 日本の生徒は、OECD 平均と比較して、数学についての楽しみや関心、問題解決への意欲は低く、数学に対する不安が高いが、2003 年とくらべ、より多くの割合の生徒が数学についての楽しみや関心を示している。
・ 日本の教室は他の参加国・地域と比較して、授業の雰囲気がより良好であることが 2003年においてすでに報じられたが、2012 年において授業の雰囲気はさらに良くなっている。
・ 日本は、生徒の社会経済的文化的背景に差異のある学校間に対して、人的、教育的資源を平等に配分している。一方、ハード面や学習時間において、これらの学校間の差異が見られる。

 気になるのは「社会経済的水準の高い学校と低い学校間の得点差は 2003 年以降拡大している。 」「基本的な数学の問題や応用問題を解く自分の能力に対する自信が OECD平均よりも少ない」「数学についての楽しみや関心、問題解決への意欲は低く、数学に対する不安が高い」ところあたりだな。ちょんとした分析が必要であることは、まちがいないのだけど。

 おっと、国研の要約もでていますね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、 普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書 | トップページ | 秘密保護法案、早ければ5日成立の可能性も »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58692920

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の学習到達度、全分野で上昇…脱ゆとり成果:

« 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、 普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書 | トップページ | 秘密保護法案、早ければ5日成立の可能性も »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30