« 英紙が痛烈批判 「安倍首相は平和への脅威」 | トップページ | ユニセフ・イノチェンティ研究所 最新報告書発表 『先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版』 »

2013/12/28

参拝の夜に首相と会食

 昨日のNHKの解説委員による番組も相当ひどかったけど、全国新聞もなあ。

参拝の夜に首相と会食(しんぶん赤旗)

 安倍晋三首相は靖国神社参拝を強行した26日夜、報道各社の政治部長らと東京・赤坂のホテルで2時間以上にわたって会食しました。首相は夜9時前にホテルを出ましたが、政治部長らはなかなか姿を見せませんでした。
 首相の靖国神社参拝強行―。戦後の国際秩序に挑戦し、東アジアの緊張を激化させる暴挙に、国際社会と国際ジャーナリズムがいっせいに批判の声を上げました。その中で、事件の張本人と日本のマスコミが、夜の酒宴に花を咲かす姿には、強い疑問が投げかけられて当然です。
 27日付各紙に政治部長の論評は影を潜めました。「毎日」が政治部長論評を掲載したものの、「失われた国益大きい」としながら「日本のために命を犠牲にした英霊に尊崇の念を表する首相の動機は大事」などと問題の核心で「理解」を示しました。
 秘密保護法案が衆院を通過した際、「朝日」政治部長は、「国民の『知る権利』の代理人として、私たち朝日新聞の監視の責務はさらに重い」と書きました。その一方で、首相と会食しておいて監視の役割が果たせるのか問われます。

 いまほど、新聞の役割が問われているときはないというのが、多くの人の実感でもあるのになあ。政治部というのはどうしようもないなあ。
 ナショナリズムをめぐって、国民意識という点でも、いろいろな議論が必要ではある。だけど、そのときに、ナショナリズムを駆り立てるような、対中対立を煽る記事をたくさんのせ、参拝問題についても、「国益」という観点だけで、本質的な議論を避ける……。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 英紙が痛烈批判 「安倍首相は平和への脅威」 | トップページ | ユニセフ・イノチェンティ研究所 最新報告書発表 『先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版』 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58835068

この記事へのトラックバック一覧です: 参拝の夜に首相と会食:

« 英紙が痛烈批判 「安倍首相は平和への脅威」 | トップページ | ユニセフ・イノチェンティ研究所 最新報告書発表 『先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版』 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31