« ドワンゴ、新卒入試で受験料を徴収へ--「本気の方だけ受験してほしい」 | トップページ | 「日本の特定秘密保護法案は透明性への脅威」-国連の独立人権専門家 »

2013/12/01

翁長自民県連会長が辞任表明 辺野古移設容認で引責

 自民党による沖縄への攻撃が続く。酷いなあ。

翁長自民県連会長が辞任表明 辺野古移設容認で引責(琉球新報)

 自民党県連の翁長政俊会長は1日、県連が普天間飛行場の県外移設の方針を名護市辺野古移設容認に転換した責任を取り、会長職を辞任する意向を表明した。那覇市内のホテルで行われた総務会で、県連が辺野古移設容認を最終決定した後、会見し、記者の質問に答えた。
 だが、翁長氏はこの日の県連総務会などでは一切辞任の意向を伝えておらず、議題には上っていなかった。他の県連役員は翁長氏を慰留している。翁長氏は進退の取り扱いを役員会に一任しており、2日行われる役員会で対応が協議される方向。
 1日の総務会には、県関係の党国会議員5氏や県議、県内の地方支部員らが出席。普天間飛行場移設問題に関し、「辺野古移設を含むあらゆる選択肢を排除しない」との県連方針を正式に決定した。週明けにも仲井真弘多知事に報告し、辺野古の埋め立て申請の可否を判断する知事の対応を見守る考えだ。

 大きく見れば自民党の裏切り。そして、どう喝。連日、政府や自民党が沖縄の保守勢力に圧力をかける。それはやはり、相当凄まじい。
 それでも、沖縄の意志は変わらないのだが。満身の怒りをこめてボクも抗議したい。心の底から。

 くそ、腹が立つなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ドワンゴ、新卒入試で受験料を徴収へ--「本気の方だけ受験してほしい」 | トップページ | 「日本の特定秘密保護法案は透明性への脅威」-国連の独立人権専門家 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58679789

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長自民県連会長が辞任表明 辺野古移設容認で引責:

« ドワンゴ、新卒入試で受験料を徴収へ--「本気の方だけ受験してほしい」 | トップページ | 「日本の特定秘密保護法案は透明性への脅威」-国連の独立人権専門家 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31