« 介護など負担増 社会保障見直し「工程法」が成立 | トップページ | 双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査 »

2013/12/07

正義と茶番の狭間で

1422379_625122147548534_637373671_n1451488_625076727553076_841364378_n1461156_625095520884530_187048974_21467316_625092737551475_33725120_n 昨日は、夜は日比谷野音、それから国会に向かう。国会は、正門前で。
 すでに、会期延長は決まっていて、秘密保護法の可決へと向かう瞬間だった。正門の右側で、小熊さんが静かに国会を見守り、そして声も発せずに考え込んでいたのが、印象的だったかな。
 自公は、最後まで強硬姿勢を崩さず、強引な国会運営をすすめた。参院でも審議時間は、衆院の半分にすぎない。修正合意に動いたみんなと維新は、採決を欠席した。そして、民主党は最後までゆれた。決定的な瞬間に、不信任案の提出を遅らせた。自民党に、そもそもの、この法案を準備したのはお前たちだろうと見透かされているようなものなのだろう。最後は、いったん退席し、そしてふたたび、採決に戻った。それはまるで茶番をみるような行動でもあった。
 だけど、その民主党を、たたかいの場に引き戻しのは世論だ。この運動を誇りに思うよなあ。
 正門前にいたとき、突然、警察が正門前に大型車両を何台も横づけしたとき、いっしゅん、緊張が走った。だけど、非暴力を貫こうという呼びかけに、全体が整然と行動した。すでに、これからも続く、長いたたかいを見越したように、整然と、力強い行動の瞬間だった。少し、感動した。ここにこそ正義がある。
 これから続く、憲法を旗印としたたたかい。もっと、成熟した豊かな運動へとヴァージョンアップも求められる。そのときの政党の役割も決定的になっていく。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 介護など負担増 社会保障見直し「工程法」が成立 | トップページ | 双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58713074

この記事へのトラックバック一覧です: 正義と茶番の狭間で:

« 介護など負担増 社会保障見直し「工程法」が成立 | トップページ | 双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30