« 正義と茶番の狭間で | トップページ | これぞ歴史的演説だ »

2013/12/07

双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査

 つきつけられる、厳しい現実。

双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査(福島民友)

 復興庁が双葉、大熊両町の世帯主を対象に10月に実施した住民意向調査で、帰還の意向について「戻らないと決めている」と回答した世帯主は、双葉64.7%、大熊67.1%といずれも6割を超えた。同庁が6日発表した。「戻らない」と回答した割合は、約1年前に実施した前回調査から、双葉町は34.3ポイント、大熊町は24.8ポイント増えた。避難生活の長期化とともに、東京電力福島第1原発事故の収束や、帰還に向けた道筋が不透明な状況が続く中で、多くの人が帰還を断念している現実が浮き彫りになった。
 双葉町で昨年12月~今年1月に実施した中学生以上の全住民対象の調査では「戻りたいとは思わない」と回答した人は30.4%。大熊町は今年1月の前回調査で「戻らないと決めている」と回答した世帯主は42.3%だった。一方、「戻りたい」との回答は双葉10.3%、大熊8.6%で、前回調査と同水準にとどまった。
 今回の調査で「戻らないと決めている」と回答した世帯主の判断理由は、「原発の安全性に不安」(双葉69.5%、大熊71.2%)、「放射線量が低下せず不安」(双葉67.6%、大熊73.2%)、「水道水などの生活用水の安全性に不安」(双葉66.7%、大熊67.0%)など。

 ここにその「住民意向調査速報版(大熊町、双葉町)」がある。
 避難生活の困難さと、今後の生活の不安定さと。復興の厳しさと生活再建への大きな課題と。あまりもに、つきつけている問題は大きいのだなと。そこへの政治のとりくみは、まだまだ、まだまだなんだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 正義と茶番の狭間で | トップページ | これぞ歴史的演説だ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58713131

この記事へのトラックバック一覧です: 双葉64%、大熊67%「戻らない」 帰還意向・住民調査:

« 正義と茶番の狭間で | トップページ | これぞ歴史的演説だ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31