« 米 中国に飛行計画書提出の方針 | トップページ | 共働き子育て世帯の本音と実態 »

2013/11/30

燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増

 へーえ。これは大事かもね。

燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増(読売新聞)

 過酷な長時間労働などで社員を使い捨てにする「ブラック企業」が社会問題化する中、働く人を守る労働基準監督官が注目を集めている。10月には監督官を主人公にした連続ドラマがスタート。同月の府内監督署への相談件数は前月比で500件以上増えた。ドラマでは不当な扱いを受ける労働者のため熱血監督官が奮闘中だが、府内にも熱い思いで仕事に打ち込む監督官がいる。
 府内最大の大阪中央労働基準監督署で30人を束ねる第1方面主任労働基準監督官、平野聖人さん(51)。高校卒業後、受刑者を処遇する刑務官として働きながら大学に通い、27歳で転身した。厳しかった当時の労働環境が身にしみ、「働き方と向き合う監督官の仕事に興味を持った」という。
 忘れられない出来事がある。別の労基署で勤務していた約7年前。男性が妻と幼い娘を残し、職場で首をつって自殺した。調査で、月100時間を超す時間外労働の末にうつ病を発症していたことが判明。男性が自殺の直前、一緒に入浴した娘に「お父さんはもう死にたい」ともらしていたことを男性の妻から聞かされ、胸が締めつけられる思いがした。「企業の利益のために労働者が犠牲になるのは本末転倒だ」。長時間労働を減らすまで、男性の勤務先を繰り返し指導した。
 「朝、働きに出かけたときと同じ元気な姿で家庭に戻れる職場に」。その思いを胸に今、労働者の相談に耳を傾け、企業の経営者らに法律を守るよう指導を続ける。モットーは「誰に対してもひるまず、こびず、同じ目線で」。法の枠を超えて長時間労働を強いる企業には厳しい態度で臨む。
 自ら命を絶ったり、精神疾患を患ったりする労働者が後を絶たない。府内の労基署への相談件数は9月に1万件を超し、10月は1万703件にのぼった。……

 労働基準監督官に光があたり、身近に感じられるようになって、労働相談がふえたのなら、それは大事なこと。これを契機に、監督官が増員されればいいんだけどねえ。なかなか、ドラマのようにはいかない現場の実態もあるんだろうけど、そのあたり、伸さんがやっていた座談会を読んでみたいよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米 中国に飛行計画書提出の方針 | トップページ | 共働き子育て世帯の本音と実態 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/58671910

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える労働基準監督官 ドラマ効果?相談急増:

« 米 中国に飛行計画書提出の方針 | トップページ | 共働き子育て世帯の本音と実態 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31